« 2003年フィンランドの旅メモ その4 | トップページ | 2004年元旦 空き缶ハウスのメモ »

2008年11月24日 (月)

2003年フィンランドの旅メモ その5

◎礼拝堂  2003.1.17.fri

K17

なんでも大学構内に教会があるとのことで、

インフォメーションでもらった地図を頼りに探していました。

ところが、さっぱりわからんのです。 

すると、男の人が声をかけてきました。

つたない英語で「教会をさがしてます。」と話すと、

その人は大変丁寧に道を説明してくれたのでした。

たぶん、先生みたいな雰囲気の人でした。

その人は「アアルトを見に来たの?」と聞いたようだったので

「いえす、いえす!」と返事すると、

「アアルトは偉大な人なんだよ」というようなことを話してくれました。

やっぱり、先生のようでした。出会う人、みんな本当に親切です。

で、教えられたとおり歩き出したのですが、なかなか見つかりません。

ちょうど、犬の散歩をしているオバサンがいたので

(どうして、そんな人がいるのか??)

再びたずねたところ「ビハイーーンドっ。」って言うので、

そのとおりに「ビハイーーンドっ。」って行くと・・・・ありましたっ!

こじんまりした教会です。

K16

これも、アアルトではなく1956年に

ヘイッキ&カイヤ・シレーン夫妻の設計によって建てられたそうです。

しかし、1976年7月22日に放火により全焼したそうですが、

再びもとのデザイン通りに復元され1976年11月4日に完成。

チャペル内の壁や床は、赤い煉瓦で造られ、屋根の桁組で支える工法だそうです。

(頂いた、栞を参考にしました。)建物外に十字架があります。

|

« 2003年フィンランドの旅メモ その4 | トップページ | 2004年元旦 空き缶ハウスのメモ »

旅メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2003年フィンランドの旅メモ その4 | トップページ | 2004年元旦 空き缶ハウスのメモ »