« 『不合理ゆえに吾信ず』 | トップページ | 山、登ったどー!再び。 »

2009年11月28日 (土)

栗の箸。

Img_33860

これ、東寺のフリマで「お箸」を買いました。500円です。

ここんとこマイ箸が欲しくて、今使ってたのが、
10膳セットのお客さん用だったもので、なので探してたわけです。

それで、タダで名前入れてくれるっていうから、

「じゃ、栗って入れてください!」ってお願いしたのです。

順番を待っている間、結構お客さんが増えてきて、
ある男性が、販売のおばちゃんに何か言ってるのが聞こえてきて。

どうやらその男性の大事に身につけている小物入れの
デザインの色と(たぶん国旗をモチーフにしたような)、
お箸の色が同じのがあって、すごい偶然だ!とかなんかで、
5膳買うからまけてくれって言っているようでした。

そのお箸はたぶん500円のコーナーのもので、
店のおばちゃんは「もうこれで値引きした金額やから」
と、何度も断ってて、ちょっと困ってはった。

で、名前入れてもらうのに並んでた
おばちゃんたちも、そのやりとりを遠目で眺めてはったので、
思わずわたしは、

「うーん、500円で買って、しかも名前タダで入れてくれるのに、
まけてとはいえんよおー」と言ったら、

おばちゃんたちが、

「そうや!そのきもちや!なんでもこころやねん!
ありがとうおもうこころやで~ねえちゃん!」と、

なんか、名前彫ってたおっちゃんまでが、

「そや、ねえちゃん!気持ちやな、気持ちやねんなぁ~」

とか言うわけです。

なんかね、さりげなさとか、言わなくてもいいこと、とかね、
いろいろその瞬間に学んだっつうか。

で、私の名前彫りの番が来て、おっちゃんが、
「栗、やね~」と彫り始めて、

なぜか頼んでもないのに、かわいい「足跡」」まで
彫ってくれた(笑)

で、磨いて仕上がって

「ハイ!栗ちゃん!」と言って渡してくれたんだけど、

そう、栗ちゃんはモーレツにうれしかったですよー

その日、その瞬間だけの場で、
シンプルな通じ合うもんが、そこにはあったなぁーなんて。

空気は、なぜあるのか、

そのひとつは、伝播するためかなと。

びりびりびり、って。

|

« 『不合理ゆえに吾信ず』 | トップページ | 山、登ったどー!再び。 »

散歩メモ」カテゴリの記事

コメント

ストーカーみたいにコメントして、ごめんなさいね。ファンだと思ってください。
なんか、惹かれるんですね、クリさんの文章。
ま、ただのおばさんの私に、文章に惹かれるといわれても・・・でしょうけど、やはり、田辺聖子さん風が少しあって、でも、田辺風ともまた違うとこもあって。

田辺聖子さんのより、現実味があり、よけい、面白いのかもしれない。
お聖さんの「言い寄る」や「愛の幻滅」を連想させて、でも、お聖さんはこのようなのは、もう書かなくなってるから、そこにクリさんの、ブーケとおじさんの話(題名忘れてる)など読んだから、あー、もっと読みたいなと私は思ったのです。

この日記の、心理的な感じが、いいんですね、私は。
無理しないぐらいに日記書いていくと、どこかで、ポンと、またクリさんが、小編書きたくなるんじゃないだろか、と私は推測しています。

投稿: タバサ | 2009年11月28日 (土) 09時24分

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%81%A8%E7%A9%BA%E6%83%B3-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%94%B0%E8%BE%BA-%E8%81%96%E5%AD%90/dp/4167153262

田辺聖子 空想とダンス

これも好き。

図書館で頼むと、そこの図書館にない場合、ほかの図書館から取り寄せてくれたりする。

9時まで待って という、お聖さんの作品も好き。

私の関西好き、はお聖さんの影響もかなりある。

投稿: タバサ | 2009年11月29日 (日) 11時31分

タバサさん、まいどです◎
す、ストーカーて・・(笑)
気にせんでくださいね~!

その、6年半ぐらいHPやらで何か書いたりしてますけど、
始めた当初は「掲示板」を置いたりして
いろいろな人が書き込みしてた時期が
あったんですが、よくある迷惑書込み?
みたいなのもあったりでしばらくしてやめたんでした。

なのでそれ以来、年に2~3度感想メールを
もらうぐらいで、自分の書いたあれこれに
感想とか言ってもらうのは久々だったので、
嬉しくもあり、勉強になるなぁと思って。

私は、田辺聖子さんをそういえば読んだこと
がなかったなぁ!と。
全然違うかもですが、女性の作家さんでいうと、
向田邦子さんを一時読みふけってました。
なんか「車窓から見えたベランダのライオン」の話が好きで好きで(笑)
私も、小さい頃は図書館っ子で、
借り方とか母に教わりましたね。
今は、買って読むことばかりですが、
中之島の府立図書館とか入り浸ってみたいですね~、中之島はお散歩コースです♪

その「おはなし」が浮かぶのは、
歩きながらって多かったんですよ。
歩きながらメモったりして・・

また、たくさん「歩いて」みたらいいのかもしれない。
今晩、母と話してたんですけどね。

「桜の葉が落ちるだけでも、ひとそれぞれ
観かたが違うやん?」と言われて。

私はオカンの影響がでかいんですね、
かなり(笑)

いつもおおきにです◎

投稿: くりちゃん | 2009年11月29日 (日) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『不合理ゆえに吾信ず』 | トップページ | 山、登ったどー!再び。 »