« ピエタ。 | トップページ | シンプル。 »

2009年12月10日 (木)

なつかしの。

ああ、なつかしのバルセロナ。

写真データがないので、スキャナで取り込んでみたのであった。

ほんとは、くりごはんの旅メモに「思い出メモ」にでも
したいんだがのぅ・・、自分が写っているのを見ると、

ほぇええええ!!若い・・

05

04

09_2

07

|

« ピエタ。 | トップページ | シンプル。 »

旅メモ」カテゴリの記事

コメント

ユニークな建物ですね。
特に最初と、最後の写真の建物。
色彩といい、形といい。
最後の写真の天井の色彩も面白い。

 むこうの町並みの写真など見ると、1軒ずつすごく突飛な色彩の家なんだけど、全体としてまとまってるみたいな、面白い色彩感覚を見ることがあります。
突飛でも、しっくりまとまるコツがあるのか、どうなのか。

投稿: タバサ | 2009年12月11日 (金) 11時04分

まいどです~◎
この写真は、ガウディのサクラダファミリアと、お菓子みたいな建物は
グエル公園にある建物で、最後のうねうねしたのはカサミラという住宅の
エントランス部分やったかな?

私の数少ない海外旅行の大事な大事な
観光写真ですね(笑)
しかも、私は当時慣れない一眼レフのカメラを
借りてきてしまい、まったく撮れてなくて、
トモダチの写真を全部焼き増ししてもらったんですよー
なつかしいですわ。。。
ヨーロッパの街並みは、建築好きの自分に
とって興味深過ぎるというか・・、スペインの
ガウディの建築物は、こんなにみんなに
愛されてるんだなぁとしみじみ実感しました。
しっくりくる、というのは、
やっぱり風土に合ってるのかなと思います。

日本も、本来の木造家屋というか、
夏の湿気を逃がすような、気候に応じた
技術があったのに、どんどこ西洋化されてしまって、「しっくり」こない街並みに
なってしまった気もします。
でも、そのまぜこぜな感じも、
今の日本の「いいところ」なのかなぁ・・とも
思ったり。

投稿: くりちゃん | 2009年12月11日 (金) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピエタ。 | トップページ | シンプル。 »