« 秘密荘厳。 | トップページ | カメラ!カメラ!カメラ! »

2010年1月19日 (火)

筒粥神事。

今年は「波がある1年」 諏訪大社下社で「筒粥神事」

今年1年の世相や農作物の豊凶を占う諏訪大社の「筒粥(つつがゆ)神事」が14日夜から15日早朝にかけて下諏訪町の下社春宮で行われ、世相を占う「世の中」は五分満点の「三分四厘」。「過去10年で最低」とされた昨年の「三分五厘」をさらに下回った。

 「時間が早く進み、波がある1年」と北島和孝権宮司。今年の御柱祭に触れ、「寅(とら)年の祭りは荒れるといわれる。諏訪の氏子一人一人の振る舞いが試される年になる」と語った。

 筒粥神事は小正月の伝統神事。束にしたヨシの茎44本を小豆入りの米と炊き、一本ずつの茎に入ったかゆの状態で稲、野菜など43種類の農作物と世相を占う。春宮境内にある筒粥殿で行われ、車座になった神職が炉を囲み、大はらいの言葉を唱えながら夜を徹して炊きあげた。農作物の豊凶では「大豆」「ジャガイモ」など7品目が「上の上」で豊作と出た。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

筒粥神事(つつがゆしんじ) とは?

諏訪大社の下社で行われる行事。
44本の葦筒の束を、水2升・米5合・小豆2合を入れた神釜で炊いて、
作物の豊凶を占う。
現在は世相+43種類の農作物を対象にしているため44本だが、
時代によって対象作物と筒の数が違った。

この占いの正確さは諏訪大社下社の七不思議の1つとされ
「五穀の筒粥」と呼ばれる。

諏訪大社公式サイト

御柱祭(2分過ぎぐらいに人が柱と共に滑り降りてきます!)

|

« 秘密荘厳。 | トップページ | カメラ!カメラ!カメラ! »

調べモノ」カテゴリの記事

コメント

去年暮れ浅草寺さんを参拝したときに、長野から来た婦人に声かけられて、ソフトを食べながら少し話をしました。
浅草が好きで、3度目きたそうです。
諏訪神社の話も出ました。去年、あの大木を山から運ぶ儀式したと、話してくれました。


クリさんのブログとは、いろいろ、接点があって、不思議です。

投稿: タバサ | 2010年1月21日 (木) 00時34分

諏訪神社が「きになる」ようになったのは、
太郎の影響です。太郎は御柱祭にも参加したそうですよ。

クリが太郎の影響を受けて、
それからタバサさんとなんか「接点」があったりして、
ほんまに不思議ですね!

投稿: くりちゃん | 2010年1月22日 (金) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秘密荘厳。 | トップページ | カメラ!カメラ!カメラ! »