« いちごモーチャン | トップページ | オツカレチャン »

2010年3月17日 (水)

アフガン

風呂上りにテレビを点けるのは、いつもなんだが、
今日は、ニュースで「中村哲」さんが、出ていて、
あ、と思って、じっと観てた。

アフガンについて、この「中村哲」さんは、有名だと思うし、
『ペシャワール会』 こちらのサイトが詳しいが、

今日たまたま観てた中で、中村哲さんが話してたことが
ああ、もうほんとそうだなぁ、と。

現場に自分のからだごと係わっている人、
普通に暮らす人々に添うている人は、
当たり前に思っていることかもしれない。

『力で抑えても倍の力で返ってくる』
『武器や武力では解決できるものではない』

ああ、もうね、
わたしは、なにをすればええのかなぁ・・

時々、困り果てて日が暮れるの。

思うだけで、日が暮れる。

ああ、こうしてるあいだにも、
また夜が明けてしまうな。

|

« いちごモーチャン | トップページ | オツカレチャン »

雑記」カテゴリの記事

コメント

グラン・トリノって映画がありましたけど、あれも、力で抑えようとする白人の行動が、よく描かれています。
説得しようとしても、真の悪というのもあるだろうし。

アフガンのことを考えて、私はなにをすればよいのだろうと考えるクリさんに、私は少し感動します。

投稿: 山椒ちゃん  | 2010年3月17日 (水) 16時21分

グラン・トリノはイーストウッドが出てる映画でしたか。
ここのところ、映画で「勉強」することが
多いなーなんて感じまする。
力とは、何に使うものか、って考えたり。

いやはや、「考える」だけで、
何にもならない、、と思って、
また夜が更けるんですよね・・。まったくなー。

投稿: くりちゃん | 2010年3月17日 (水) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いちごモーチャン | トップページ | オツカレチャン »