« 環境考古学 | トップページ | 縄文のココロ »

2010年3月 5日 (金)

三輪山登拝2

三輪山登拝メモの続きです(遅い更新だけど・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

で、三輪のお山の続きです。
三輪山登拝歴141回のおじいちゃんに出会って、
一緒に頂上まで登ったわけです。

おじいちゃんがぶら下げてた大きなチリンチリンの音と、
同じリズムで登ったら、なんだかもうスイスイ登れて、
登りながら「うわー、ラクだな・・なんで??」と、ほんまに不思議やった。

頂上で参加者みんなそろって、
奥津磐座(おきついわくら)にお参り。

御神水を汲んでったので、頂上で飲むと、格別うまかった!
登る人は、是非とも汲んでいってくださいー。
(ジュースとか珈琲は飲めないです。)

で、それぞれ自分のペースで下山。
おじいちゃんの後を栗は下山しました。

で、下りてく途中でまた磐座があって、
そこもお参りしたんですが、その「場所」は、
まったく他と空気が違っており・・。

キーンとした冷たい空気が、急に張り付いてくる。

そこだけね。

冷水の入った壺に、ちゃぽんとからだごとつかったみたい。

ただ、単にそこだけ気温が低いから、と物理的に?
思えば、それだけのことだけど、
でも、ことばに出来ない「空気」がそこをくるんでたのは確か。

三輪山に神さんが居るのは、ほんとう。

おじいちゃんが言っとった。
何回も登っていると、かおも変わってくるし、
こころも変わる。やわらかーくなる。

おもしろいなー。

うちの母ちゃんも、同じこと言うんだなぁ。

で、どんどん下りて「お滝」があるとこまで来たら、
急に、もわっと生温かく感じた。
あれも、あの「ライン」で気温が変わることは、
意味があるんやろなぁ・・んだなぁー、なるほどなぁー、と思いつつ下りた。

ハァアアアー、3度目にして、
なんとも味わい深ーい登拝になった。

初めて一人で登った時、もういやー引き返すー!エーン!
って思ったのに、回数重ねると、
いろんなものがみえるし、ひとと一緒だと、
すごく楽しいなー。ありがたいー。

登り終わったあとに食べるにゅう麺がこれまた格別~!
森正さんで初めて柿の葉寿司を頂いたが、
もう、味を思い出すとニヤけちゃうぐらい美味かったなー!

で、皆さん日本酒発祥の地なら「お酒」飲みたいわ~ということで、
どっかちょこっと飲めるようなとこないかいねー、と
昼間っから(笑)さまよう十数名・・

駅へ向かう道沿いのお店をちらほら見てると、
「おでん」の看板発見!!

立ち止まって、ガラス戸越しに覗いてると、
お婆ちゃんの「いらっさーい、どーぞ、どーぞ」の声。

入るしかあるまい(笑)

中に入ると、昭和のにおいがぽわーん(笑)
時間的に昼時を過ぎてたせいか、お客さんわたしたちだけ。

Img_37530

Img_37500

店の真ん中にストーブが。
そしてその上に、おおおお「ねこ」おるー!!

みなで、「焦げないんかね?」とねこに興味津々。
なんともまー、ステキ顔のにゃん。たまらーん!かわいい!

Img_37470
↑エモノをねらうアイちゃん、いやこれ平常時のカオみたい(笑)

接客のおばあちゃんもこれまたステキで、
みなの注文をおばあちゃんに伝えるのも、なんだか楽しい。
ほんわかする、なんともまー、ええお店だー◎
お店の名前は『万代直し』やったかな?
昔は旅館をしてはったみたいです。

熱燗と、おでん盛り合わせ、あと適当に稲荷ずしやら、ちょこちょこと。

Img_37460

Img_37510

だらだら熱燗飲みつつ、あーだこーだとしゃべりこんで、
そろそろ電車の時間だねー。
お会計の時に、おかみさんが5つ玉のソロバン出してきたときは、
思わず「うあー、そろばんやー!」と反応してしまい・・
タイムスリップしたみたい、ってやつ、これぞまさに!でしたね。

で、私は巻向にある箸墓古墳にどうしても行きたかったので、
おらもみたい、というつっちーと共に、
三輪から一駅のって巻向へ。

電車の中で、オバチャンが話しかけてきて、
そのまま箸墓古墳の行き方まで、丁寧に教えてくれた。

ありがたいですなー。

古墳まで、割と歩くけど「見えている」ので、
そう遠くは感じなかった。

Img_37570

古墳のそばにある池のようなところをぐるっと廻って、
古墳の正面?に到着。

Img_37620 正面のとこ。

なんか、お参りする?でいいんかな??、
不思議な場所に感じたけど。

正面から、ぐるっと一周する感じで、
古墳の周囲を歩く。

個人的な感想だけど・・古墳て、こういう雰囲気なのかなぁ。
立ち入り禁止ゆえ、こう手つかずな状態というか、
裏手にあたるような場所は、木が生い茂ってからまって
もさもさになっていて、勝手に「鎮守の森」のイメージをしてたのもあって、
実際この目でみると、胸が痛む感じがあった。

もっと、なんだか賑やかであっていいのになぁとか、
「お墓」と言われているから、そういうのは無用かもしれんけど。

しかし、古墳を今からでも「調査」できないのかなと
しみじみ思う。

新事実が見つかるから隠されている・・、とかよく言われてたりするけど、
これから「本当のこと」は、世に出てくるべきだと思うしなぁ・・。

いろいろ思い巡る古墳散歩でありました。

あと、三輪山の頂上で、ちとある「やりとり」があったのだが、
その「やりとり」を見ながら、
あー、これから「起こる」ことを観せられているような、
そんな光景に思えて、うまく文章には出来ないけど、
なんか「ああ、そうかぁ」と実感するような場面であった。

言葉足らずで申し訳ないけど、
でも、いつかたくさんのひとが実感することになるんかなぁと思うので、
うまく書けずとも、ええっか・・と思ったり。

それにしても、、、

にゅう麺うまいにゃー(笑)

Img_37330

なだかもう、全体的に三輪山の大ファンであります

|

« 環境考古学 | トップページ | 縄文のココロ »

散歩メモ」カテゴリの記事

コメント

クリさん、文章滑らかになりましたよ。
あく抜けた言うのんか、スラーとよめた。
前の文章もあく抜けてたけど、よく漫画家でも、乗ってくると同じ漫画の主人公描くんでも、お顔が違ってきますやん、そんな感じ。

底冷えの熱燗、うまそー。
ええな、ええな!
私は、南禅寺お参りしたとき呑んだ熱燗、おいしかった、湯豆腐でね。
あれって、ぼろもうけでんがなっておっしゃるお人もいますが、土地とぴったりの食べ物なんでしょね。

神社は風水では、磁力のある場所っていうようです。
私方向音痴なんですけど、迷うと、神社に出くわす習性があります。猫ちゃんも神社によくいますね。

つちサンって、もしや、クリさんとフィルムに一緒に写ってたお人?
皆さん、爽やかないいお顔してはります。
ご両親に道徳的教育をキチンと受けて、それをキチンと守ってはるお人のお顔といいますか。

投稿: 山椒ちゃん  | 2010年3月 5日 (金) 11時13分

箸墓古墳、ええ感じですね。
こんな近くまで古墳に近づけるとは、知らんかった。
清らかそうな場所ですね。

やっぱ、にゅう麺には、ミツパです。
ただね、関西のオカカと関東のオカカは、香りが違うとおもう。
関西のは、薄口醤油にあうオカカと思う。
関東のは濃い口に合うように作ってるから、オカカの香りが違うのかなと思った。
関東のオカカでだしとると、薄口は、もひとつ合わん気がする。
京都のだしの香りと、関東の出しの香りは、明らかに違ってた。
アー、にゅう麺たべとうなった。

あ、。それから、クリスティーはユダヤ系みたいですよ。
米国の親類で、ユダヤ系お金持ちのお名前出てましたから。
私ネッスルの粉コーヒー一辺党だし、クリスティーも好き、困っちゃう。

投稿: 山椒ちゃん  | 2010年3月 5日 (金) 14時35分

いやー、長い文を読んでくれはって感謝です◎
こういう散歩メモは、かなり推敲してからアップしてるんですわ・・
ブログ機能に直に書いてなくて、テキストとかで何回も書き直して、おし!と思ったらアップ。てな具合。
なので、スラーとよめたとか言ってもらえると、
すごく感激ですねん

熱燗ね、おいしかったです!
私、日本酒はダメな人なんですけど、最近は目覚めました!!いやー、うまいがなぁ!って(笑)

あ、つちさんは、そうです~講演会に映ってるお人ですわー。リチャードさんとこに来てはる人は、皆さんオモロイし、裏方さん仕事をさりげにこなしてはったりね、女の人もビジンさんばっかしですよ~。クリは賑やかし担当ですねん

奈良の古墳は、ほんまにあちこちに普通に在って、ちょっと面食らう感じですね。
奈良は、ほんまに勉強したい街だなぁ。行けば行くほどそう思うんですー。

投稿: くりちゃん | 2010年3月 5日 (金) 21時31分

>やっぱ、にゅう麺には、ミツパです。
私もね、森正さんで食べてからはもうミツバファンですわ!
薬味ネギじゃ、なんか違うっ(笑)
にゅう麺、しょっちゅう食べたくなるんですけども、家ですると「あの味」じゃないので、
やっぱ食べに行きたいですね~。山椒さんの、
アサリ入ったにゅう麺・・・あれきっとお出汁
超うまいはずっ

>あ、。それから、クリスティーはユダヤ系みたいですよ。
お、そうなんですね。
しかし、日用品で日々使ってる、使ってきたもんって、
もうほんといろんな「背景」あるもんばっかしですもんね。
クリは、なんかねバツをつけられへんのですよ。
役に立ったこともたくさんあるはずで、
うまいこと書けませんけど、そういう「技術」をもっと別方向に変化させることが、まるなることなんちゃうかなぁって。

それはアカンと、なしにしてしまうのは、
なんか違うんちゃうかなぁとおもてます。

ああ、うまく言えない、、、うううう。

投稿: くりちゃん | 2010年3月 5日 (金) 21時38分

山椒さま

あ、ども、つちサンです(笑)

道徳的教育はキチンと受けてないですけども、、(^^ゞ

当方のブログもどうぞよろしゅう☆

投稿: つち | 2010年3月 6日 (土) 00時14分

つちサンも、ブログやってんですか。
山椒もやってますよ。
山椒は、独立党の掲示板で、宣伝させてもらいました。
つちサンのブログは、どんなブログですか。

クリさんがおっしゃりたいこと、なんとなくわかります。
私はそれはそれ、これはこれと考えるようにしてます。
正直言って、ネッスルの粉コーヒーと、おいしいといわれるお店のコーヒー、どこが違うか、私はようわからへんし。

クリさんのような考え方の方が、世界は広くなると思います。

私は、嫌悪感の強い人間だから、それで、世界を狭くしてるなとは思うけど、なかなか、改善しないですね。
もうね、嫌と思うと、猫が毛を逆立てるみたいに、鳥肌が立つっていうか。

だから、お豆腐や、こんにゃくみたいな禅味に、あこがれますけどね。
もちろん、モンブランにもあこがれる。


投稿: 山椒ちゃん  | 2010年3月 6日 (土) 23時45分

あ、失礼しました。
つち様も、ブログ、なさってるんですか、ですね。

投稿: 山椒ちゃん  | 2010年3月 6日 (土) 23時47分

>冷水の入った壷に、・・・
>そこだけキーンと・・
いいなあ、三輪山。
この言葉の感覚は、クリさん独特で、エエですね。

そこだけキーン・・・。そういう感覚は、ありますね。
赤坂の氷川さんも、そこだけ、違う気が流れてます。
それから、大きな木の下で、そんな気持ちになる木があります。
何でやろね。

投稿: 山椒ちゃん  | 2010年3月 7日 (日) 00時31分

>クリさんがおっしゃりたいこと、なんとなくわかります。

山椒さん、ありがとさんです◎
思いはあっても、ことばにするのはほんまに
難しくて、人に面と向かって話すこともママならんのが、いつも歯痒く感じまして・・、もうほんまに・・

>もうね、嫌と思うと、猫が毛を逆立てるみたいに
うんうん、私もねそういう感じありますよ。
ただ、昔は逆立って飛びかかっちゃうような
激しさがあったのですが、今はほとんどなくて、
なんというか、一拍おく、という感覚ですか・・、ね。

木を抱っこしてみますと、
たまにですけど、水が流れてる音が聴こえてる
ようなことあります。
シャ~~~って感じかな?
彼らも生きとるなぁーって(笑)

それにしても、三輪山はたのしおす

つちさんのブログ、こちらですよー。
http://aouei75.blog9.fc2.com/

投稿: くりちゃん | 2010年3月 7日 (日) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 環境考古学 | トップページ | 縄文のココロ »