« またまた三輪山へ | トップページ | 龍馬鈴 »

2010年3月24日 (水)

またまた三輪山へ2

昨日の続きです。

http://arrowhead.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-ebff.html

Img_39130
朝は黄砂で真っ白だった三輪山・・、
電柱が残念ですが、ま、仕方ない
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

あちこち寄り道しながら、三輪山をうんせうんせと登ったわけですが、
この「寄り道」のおかげでか、はたまた数を重ねてきたからか・・
かなり楽に登れました。

で、前回、不思議じいちゃんに連れて行かれた、
「冷水の入った壺」みたいな場所にある磐座。

ここも、お参りしました。
ちょっとうろ覚えだったけど、ちゃんとありました。
で、やっぱりひんやりとそこだけ、冷たい。

帰ってから考えてたのですが、
北側なので、寒いとか、水脈が走ってるから冷たいとか、
なんかそういう地形的な理由で、「そこ」がひんやりしてるのかも
しれないですけど、だからこそ、「そこ」を
「修験の場」としてたのかなぁ・・なんて。

ともかく、いろいろ考えちゃうくらい印象深い場所です。

さて、連休の効果もあってか、登拝される人がいっぱいで、
頂上の奥津磐座(おきついわくら)の前は、常に人がいる状態でした。

あと、どうもテレビで「パワースポット」と紹介されてるからか?
女の子の単独登りとか、女の子グループとか、
かなり増えた気がしましたです。

で、お子を抱えて登ってるお父さんとかお母さんやらも見かけたり、
なんだか賑やかでね、三輪大明神も、嬉しいかな?と

今回は、2時間超えるぐらいの登拝でした。

来月は、ぐんと温かくなってそうなので、汗だくかも・・

下りてきてから、今までお参りしたことなかった、
大神教本院へ。

Img_39030

お初です、この鳥居!!

『三柱鳥居』(みはしらとりい)というカタチだそうです。
説明の紙を頂いてきたので、また後日メモっときます。
かなり、興味深いんですよね。
ほんまにコトダマって、繋がりあってるというか、
ムスばれてるというか・・ね。

で、次に行ったのが、
ここも初めてお参りした綱越神社(つなこしじんじゃ)。
通称「おんぱらさん」といって、
祭神が祓戸大神(はらえどのおおかみ)とのこと。

Img_39070

Img_39100
なんか簡素で、ええ感じでした。
すぐそばが、道路って感じがしないのです。穏やかなとこ。

おんぱらさんがここにあるってことは・・

ここからお参りして、下の大神教本院、上の大神神社
という流れで行くのが、いいのかなぁと、彼氏さんと話しておりました。
次回の月参りは、たぶんそういうルートになることでしょう(笑)

三柱鳥居は、なかなかオモシロイので、
近々メモします

|

« またまた三輪山へ | トップページ | 龍馬鈴 »

散歩メモ」カテゴリの記事

コメント

おおー、ユダヤにも鳥居にも一本柱足した、鳥居のようなものがあると聞いていましたが、これ、にてるんでしょうか。
何色、肌色ですかねー。
おもろ。

投稿: 山椒ちゃん  | 2010年3月24日 (水) 19時05分

>ユダヤにも鳥居にも一本柱足した・・
ほー、そういうのもあるのですね。
なんかこの鳥居、ビビりましたよ(笑)
初めて見たので、え、これが鳥居??って。

境内にあった、説明文を一枚もらってきたので、
またメモしてみます。
ただ、鳥居の色の意味を質問してくれば
よかったなぁーて・・山椒さんぼブログに載せてたクリーム色の鳥居と
同じ種類??だったりして??
次回チャンスがあれば質問してみます!

投稿: くりちゃん | 2010年3月24日 (水) 22時09分

多分くりちゃんと彼氏さんの考えは正解!!
大きな神社なら、入り口近くか参道の脇にも
『祓戸大神』をお奉りしてる所ありますよ!!
神社巡りしてた時に、祓戸大神をお奉りしている所は、
最初にお参りしてから奥へGo!!ってのが定番でした。
そこで、祓い清めてから奥へお参りするみたいです。

投稿: megu | 2010年3月25日 (木) 22時47分

meguさん、まいどですー

>大きな神社なら、入り口近くか参道の脇にも
『祓戸大神』をお奉りしてる所ありますよ!!

大神神社の拝殿へ入る手前にも「祓戸社」でしたか?
(橋を渡る手前かな。。)
ありますよね
大鳥居出た近くに、このおんぱらさんがあるので、
meguさんの言うように、おんぱらさん参って
Go!!が○ってことですね~
おおきにですー◎

温かくなったら、また、お散歩行きたいですね~

投稿: くりちゃん | 2010年3月26日 (金) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またまた三輪山へ | トップページ | 龍馬鈴 »