« ダンス太郎 | トップページ | 車窓、富士さん »

2010年11月22日 (月)

本の買い出し

東京から戻る。あー、重かった、あー、もうー血とまるかと思うぐらい、重かった―

買った本メモ。

河鍋暁斎記念美術館で過去の展覧会などで売られてた図録など、どばーっと置いてあったので、カンで2冊購入。書道関連を偶然買ってたのには、びっくり。翌日の出来事につながってたのだ。

『酔うて候―河鍋暁斎と幕末明治の書画会』
成田山書道美術館 財団法人河鍋暁斎記念美術館 編

『仕掛けの絵師―鬼才 河鍋暁斎』没後120年記念
佐野美術館

大入り満員のゴッホ展にて図録購入。一枚をじーっと観るのがなかなか出来ない状況なので、図録は高いし重いけど有難い・・。
『没後120年 ゴッホ展』図録

岡本太郎記念館で、まだ持ってないのを発見。
『迷宮の人生』岡本太郎 著

たまたま観たテレビで取り上げられていた熊田千佳慕。釘づけになって、ホテルのメモ用紙に熊田氏の言葉を走り書きするほど心を動かされてしまった。こんなビジネスホテルの一室で、朝からテレビ観ながら泣いている感受性ぶっちぎり私。メモ紙片手に三省堂書店を徘徊。

『くまだちかぼのクマチカ昆虫記』熊田千佳慕 著
『ファーブル昆虫記の虫たち 5』熊田千佳慕 絵と文

文学、思想、哲学、歴史などの古書専門店で発見。1979年発行の本。半額やったので購入。750円
『密教の神々 その文化史的考察』佐藤 任 著

岩波とみすず書房の古書を扱ってる店で3冊で1100円だったもんで、迷ったけど手元にないといつまでも読まないので買ってみた。
『罪と罰 上・中・下』
ドフトエフスキー作 江川卓 訳

美術カタログなどの専門店で発見。若冲や国芳もズラッと置いてあって、ブツブツ言いながらあれこれ引っ張り出してたら店員に「袋開けて見てもかまいませんよ」と言われた。恥ずかしかった・・。さんざん悩んで蕭白を買った。
『特別展覧会 曾我蕭白 無頼という愉悦』
京都国立博物館


旅行鞄も、サブバックも本の重みで担ぐのに必死。。
なんで毎回こう、本の買い出しになってしまうんだろう・・
大阪でも買えるものもあるというのに、まったくだー。

予想外の熊田千佳慕関連。自分で勝手にこじつけるけど、東京ステイ3日の間、

結局キーワードはひとつやったなぁと思った。

ああ、疲れたー。
しばらく本は絶対買わない。買い過ぎた、たぶん。

|

« ダンス太郎 | トップページ | 車窓、富士さん »

旅メモ」カテゴリの記事

コメント

クリさん、東京へきてはったのね。
楽しめましたか?
私は東大寺展の、バーチャルで少しウルウルになりました。
やっぱ、ゴッホはこんでるんだ!
本買いにきはるとは、真面目ないい子!
いまどき、めずらしいんとちゃいますか。
静かに、感動しました、私。
もっとも、東大寺展でバーチャル見てウルウルしてる私も、真面目さんや!


投稿: 山椒ちゃん | 2010年11月23日 (火) 00時40分

山椒さん、はーい楽しめましたよ~!最終日だけちょっと雨降りましたけど、すぐまた上がって助かりました。

上野界隈も散歩しまして、あ!山椒さんが撮ってた「木」だわ~と眺めてました(外から)笑。

今回は、神保町に朝から行って昼過ぎまでうろついたおかげで、予定外の本を買ってしまって・・。

そのためにお金貯めてたのもあるんで、いいや!って感じです

>もっとも、東大寺展でバーチャル見てウルウルしてる私も、真面目さんや!
そうですよ~!!ゲージツにウルウルするなんて、もう真面目です(笑)

投稿: くりちゃん | 2010年11月23日 (火) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダンス太郎 | トップページ | 車窓、富士さん »