« 金星 | トップページ | 孤独と歓喜 »

2010年12月 3日 (金)

SixthSense

下のメモは、1月にアップしたものですが、昨日友達と話してたらこの記事のことを思い出して、夜中に動画を見直したらやっぱりオモロかったので、再度メモ。

こういう「ソフトウェア」?というのかな、個人的には有りかなと思う。そこまで何でも出来なくてもいいのかもしれないけれど、このソフトの名前(と呼べばいいのか?)「SixthSense」が、なんだかシンボリックな感じ。ふと、昔むかしのその昔は、パソコンやら携帯電話やらなかったと思うけど、そういうカタチあるものでない「何か」が普通に誰でも使ってたように思ったり。別にオカルト的なイメージでもなく(笑)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

TEDIndiaでプラナフ・ミストリーが、SixthSenseデバイスの詳細をはじめ、パラダイムシフトを起こす新しい紙のノートPCなど、日常生活とデータの世界の交流を可能にするツールの数々を見せてくれます。ステージ上でのQ&Aでは、SixthSenseの可能性をすべての人が手にできるよう、ソフトウェアをオープンソースにする予定であると語っています。

View subtitlesをクリックして「Jpanese」を選択すると、
日本語訳が画面に出ます。

13分ちょっとありますが、おもしろいです。

|

« 金星 | トップページ | 孤独と歓喜 »

調べモノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金星 | トップページ | 孤独と歓喜 »