« これが「雛型」ということか | トップページ | 寝て起きたら »

2011年4月14日 (木)

時代おくれ

ウィキリークス文書の原子力発電所
http://blog.swingby.jp/archives/2011-04.html#20110413

Mar 16, 2011 – 3:33 PM
ウィキリークス:日本が原子力発電所の安全性について警告されていたことを電信が示している。

日本政府は福島第一原子力発電所の危機を封じ込める為に出来る限りのことをしていると言って来た。そこは先週の地震で、決定的に損傷を受けた。しかし、 ウィキリークスによって公開されたアメリカの外交文書によるともし政府が以前の安全警告に従って、行動していたら、原子力の災害は避けられたかもしれなかった。

国際原子力エネルギー機関の匿名の役人が東京のアメリカ大使館の2008年の電信を引用して、強い地震は日本の原子力発電所に対して「重大な問題」を引き起こすだろうと言っている。 この役人はこの国の原子力の安全ガイドラインは危険な程、時代遅れだと付け加えた。彼等は過去35年間で、3度しか改訂」して来ていなかった。

その警告に従って、日本政府はそのすべての原子力施設に安全基準をあげると誓約したとDaily Telegraphは報道している。そこが電信を公表した。しかし、現在、当局は原子力の監視者の心配を本当に真剣に受け止めたのかどうかの疑問が問われている。

新しい緊急事態対応センターは福島原子力発電所に設けられていた。しかしながら、その施設は震度7の揺れに耐えるようにしか設計されていなかった。金曜日の地震活動は震度9を記録し、この発電所は過去5日間で、3度の爆発によって、揺り動かされて来た。福島の原子炉の一つの炉心格納システムはひびが割れていると現在信じられている。放射線の蒸気が大気中に漏れだしてしまっている。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ
京都大学原子炉実験所助教 小出裕章氏による情報

http://hiroakikoide.wordpress.com/

「原発」に詳しくないひとでも、いまどんなことが本当は起きようとしているのか、ちゃんと読めます。ブックマークしておいてほしい。

|

« これが「雛型」ということか | トップページ | 寝て起きたら »

調べモノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これが「雛型」ということか | トップページ | 寝て起きたら »