« 観た映画メモ16 | トップページ | 大晦日 »

2011年12月30日 (金)

観た映画メモ17

『Kick Ass』

NYに住むデイヴ(アーロン・ジョンソン)は、コミックオタクでスーパーヒーローに憧れる平凡な高校生。ある日、インターネットで買った自前のスーツとマスクを身に付け、自分もDIYヒーローとして街で活動を開始する。何の特殊能力も武器も持たない彼は、初出動であっさり犯罪者にやられてしまうが、懲りずにパトロールを再開。その時の活動の動画が見物人によって撮られ、やがて“キック・アス(Kick-Ass)”の名で街中に知られるようになる。だが、街のパトロールをしていたのは彼だけではなかった。キック・アスは高度な訓練を受けた父娘デュオ、“ヒット・ガール”(クロエ・グレース・モレッツ)と“ビッグ・ダディ”(ニコラス・ケイジ)に出会い、街の犯罪帝国を仕切るフランク・ダミコを倒すため共に戦うことを決意する。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
面白かった^^
で、ちょっとグロ映像があるので、引いた^^;
ヒーローもののコミカル版と思いきや、ヒットガールのパパへの想いとか、デイヴの「感じる」世間への気持ちとか、結構シリアスで見入ってしまった。映画は映画だもんで、リアルな世の中をこんな風にバッサバッサ切り倒せるか、、といえばそれは少々無理だけども・・。細かいやりとりが、ちょっとツボやった。「買い物かごへ」とか(笑)オススメ^^

|

« 観た映画メモ16 | トップページ | 大晦日 »

観た映画メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観た映画メモ16 | トップページ | 大晦日 »