« 龍のことから | トップページ | 観心寺 »

2012年1月 2日 (月)

観た映画メモ18

『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』

ルーシーとエドマンドは、いとこのユースチス・スクラブの家に預けられる。スクラブ家は非常に進歩的な思想の一家で、二人はどうしてもユースチスが好きになれない。ある日、壁にかかった絵に描かれた、ナルニア風の帆船が浮かぶ海に三人は吸い込まれる。絵の中に見た帆船に救い上げられた彼らは、前回の冒険で出会った少年王カスピアンに再会する。カスピアンは、亡き父の7人の友人が東の海に向けて旅立った、そのあとを探す航海の途上であった。ルーシー達はそのまま船に乗ってカスピアン一行と共に、ナルニアの東の果てに向かう。海も立ち寄る島々も不思議に満ちていた。ある島では人売りたちにつかまり、ある島では星人(ほしびと)に出会い、またある島ではユースチスが貪欲な心を抱いて竜の宝の上で眠り、竜になってしまう。やがて世界の果てにたどりついたとき、リーピチープは小舟に乗ってさらにその先へ進もうとする。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
物語に出てくる「魔法の本」読みたい~。案内役で「青の星」って出てくるんだが、興味深いな。

|

« 龍のことから | トップページ | 観心寺 »

観た映画メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 龍のことから | トップページ | 観心寺 »