« 観た映画メモ18 | トップページ | 青蓮院門跡~清水さん »

2012年1月 4日 (水)

観心寺

Img_53940

観心寺
http://www.kanshinji.com/

伝承では、大宝元年(701年)、役小角(えんのおづぬ、役行者)が開創し、当初、雲心寺と称したとされる。その後、大同3年(808年)、空海がこの地を訪れ、北斗七星を勧請(かんじょう)したという。これにちなむ7つの「星塚」が現在も境内に残る(なお、北斗七星を祭る寺は日本では観心寺が唯一である)。弘仁6年(815年)、空海は再度この地を訪れ、自ら如意輪観音像を刻んで安置し、「観心寺」の寺号を与えたという。「空海が自ら刻んで」云々の話は伝承の域を出ないが、現在金堂本尊として安置される如意輪観音像は、様式的に9世紀の作品とされている。また、観心寺には奈良時代にさかのぼる金銅仏4体が伝来することから、奈良時代草創説もあながち否定はできない。
観心寺の実質的な開基とみられるのは、空海の一番弟子にあたる実恵(じちえ)である。『観心寺縁起資材帳』(国宝)などによると天長4年(827年)、実恵の意を受け、弟子の真紹(しんじょう)が造営を始めている(なお、年次に関しては天長2年(825年)とする異説もある)。承和3年(836年)には石川郡東坂荘が勅によって施入されたと伝えられている。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

前々から行きたかったお寺、観心寺へお参りしてきた。電車で行くには、河内長野駅まではいいのだけど、そこからバスに乗るんだが、ちょっと遠いなぁ・・と足がなかなか向かなかった。で、正月休みにトモダチと車でどこぞか行こうかぁとなったので、じゃあ~河内長野まで連れていってくだせーとなり、やっとお参りに至ったんである。空海とか役小角とか、私にとっては興味津津の存在なのでどうしても行きたかったんである。トモダチは、全然知らないのに、申し訳ないんである。でも、トモダチだから、いいのだ(笑)

このお寺さんの前に、空海関連の本を出版されている「佐藤任」さんが経営する茶店があって、観心寺行くならそこで休憩したいもんだなぁと思っていた。ただし、その茶店は土日しか営業されておらず、4日は休みだろうなぁと思っていた。行事がある時は営業とあったけど、行事といえば正月3が日で4日はやっぱ休みだろうなぁと・・ま、しゃあないなぁと。

で、やっとお寺の駐車場に到着すると、目の前の例の茶店にのれんがかかっているではないの!?明かり点いてるでないの!?

Img_53930

ふぉおおお!お目当ての茶店は開店中でございました!しかも、ちょっと雪模様になってきたので、お参り前に休憩することに。行きたかった茶店「阿修羅窟」(あしゅらくつ)
ほかほかのぜんざい食べました。(ノー写真、ハラが減ってたの)

それにしても、外は吹雪まくっていた・・。お参りするの、さみーよね^^;

Img_53880
店内は、こんなんです。

Img_53920
憧れの火鉢。ぬくいね。

ダラダラ話し込んでたら、いつのまにか雪がやんで青空に!!いまだ、今お参りへゴーゴー!!

Img_53990
こちら国宝の金堂(近寄り過ぎです)

Img_54000
弘法大師 礼拝石

Img_54030
扉のデザインがいいなぁ。

Img_54040
建掛堂の屋根、お山みたいやな。

Img_54070
ごついです。

Img_54130

広い・・

Img_54140

ごっつ、広い・・

で、お参り終わって、車でまたブロロローと帰ってたら、また雪が降り出して・・箕面あたりは、もう吹雪いてて激サブです。いやー、あのお参りの間の青空はミラクルやったなぁと、よかったよかった^^

はー、気が済んだわ。


|

« 観た映画メモ18 | トップページ | 青蓮院門跡~清水さん »

散歩メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観た映画メモ18 | トップページ | 青蓮院門跡~清水さん »