« 魔法 | トップページ | 『大阪アースダイバー』 »

2012年11月11日 (日)

『ホビット 思いがけない冒険』

『ホビット 思いがけない冒険』
2012/12/14全国ロードショー

http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitpart1/index.html

米アカデミー賞受賞のフィルムメーカー、ピーター・ジャクソンが、J.R.R.トールキンによる長く愛されてきた名作「ホビットの冒険」を3部作構成で映画化。

この3部作は、ジャクソン率いる製作チームが世界的に大ヒットさせた「ロード・オブ・ザ・リング」3部作に登場する中つ国の、その60年前を舞台に展開する。同3部作の最終章『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』は見事オスカーに輝いた。

本作の主人公はホビット族のビルボ・バギンズ。彼は、スマウグという恐ろしいドラゴンに奪われたエレボールのドワーフ王国を取り戻すための壮大な冒険に思いがけなく加わることなるのだ。ある日、魔法使いガンダルフから突然誘われたビルボは、伝説的な戦士トーリン・オーケンシールド率いる13人のドワーフたちとともに旅に出る。彼らの行く手には、ゴブリンやオーク、凶暴なワーグや魔術師たちがうごめく危険な荒野が待ち構えている。

目指すは東にある"はなれ山"の荒れ地。そこへたどり着くにはまず、ゴブリンのトンネルを無事に通過しなければならないのだが、ビルボはそこで、彼の人生を永遠に変えてしまうクリーチャーと出会う。それがゴラムだ。

地下の湖畔でゴラムと二人きりになってしまったビルボは、もともと控えめな性格なのだが、ここで自分にも知恵や勇気があったことを知って驚く。さらに、ゴラムが「いとしいしと」と呼びかけていた指輪を手に入れる。そのシンプルな金の指輪には意外な、そして役にも立つ力があり、それはビルボがまだ想像すらしていなかった形で中つ国すべての運命に結びついていた。

『ホビット 思いがけない冒険』は2012年12月14日より全世界で公開し、日本でも2012年12月14日公開。2作目『The Hobbit: TheDesolation of Smaug"』(原題)の公開は、2013年12月13日。3作目『ホビット ゆきて帰りし物語』の公開は2014年7月18日を予定している。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
はよ、観たいー。

|

« 魔法 | トップページ | 『大阪アースダイバー』 »

観る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魔法 | トップページ | 『大阪アースダイバー』 »