« キタの建築 | トップページ | 観た映画メモ27 »

2013年1月 5日 (土)

横尾忠則

昨日、横尾忠則現代美術館へ行ってきた。
http://www.ytmoca.jp/

昨年11月にオープンしてから、是非行ってみたかった美術館で、年明け一発目の美術館詣でには最高の場所やったかも。この場所はもともと原田の森ギャラリーの西館で改修工事の際に、横尾忠則氏からの作品・資料の寄贈・寄託について基本的に合意されて(2011年)開館に至ったみたいだ。設計は村野藤吾(もとものとの)。

村野藤吾といば・・、自分の知ってる建築物ってなんだ?と考えてみる。ミナミにあった「新歌舞伎座」!!もう無いんだな。キタでは梅田の換気塔。昔むかしは、なんだあれ?ぐらいの存在にしか思ってなかったけど、建築の歴史とか色々興味持ち始めた大人の頃からは、なんかあれを意識して観るようになった。多分、キタがこれからもどんどん開発されて行ったとしても、あの「換気塔」はあのカタチのまま残存していく気がする。未来的にも見えるし、懐古的にも見える。なんだろう。不思議な造形やなぁ。

阪神百貨店が2014年以降に建て替えに入るようだが、北ヤードがもうすぐ開かれて、まだまだキタの開発は終わらないし、今後どのような景色になるのかやっぱり興味がある。漠然とだが、大阪は東京と違う。何か違う。当たり前?かもだが、違う。なんか妙なカタチの建築物多いし。(大阪ドームとか、ヴァッサーの建築だけど焼却場とか奇妙奇天烈だよな・・、大阪ならではって思うわけです)で、ここ数十年の大阪、どうなるかな。結構ワクワクしてるかも。
阪神さんの建て替えの話だが、10年近く先みたい?だけど、ひぇええもしかしたらワタクシ50代頃の話でつか。こばい

で、横尾さんです。(笑)

Img_66990

入口。あんまり写真撮らんかったです。


Img_66950
ギャラリーショップ。絵ハガキとか結構買ってしまった。ロッカーもあるので便利。

Img_66870
オープンスペースに展示されてる作品。撮影可。昨年12月に公開製作された作品。
製作風景のビデオを観てたんだが、この作品ともうひとつ大きな作品があって、こちらの描き始めは飛行機が飛んでたんだがすっかり塗りつぶされてまったく違う作品になってた。

絵の中に「Northern Lights to fields of Gold」とあったんだが、
Northern Lightsはオーロラという意味のはずで、fields of Goldは黄金の大地とでも訳すのかな。
こういうなぞときチックなのが、凄い好きだ。意味はないかもしれないし、あるかもしれないし、ゲージツは公開されたらそこからなんか自由でいいと思うし、多分そうでいいはずで、なので楽しい。

Img_66820
ちょっとしたカバーだろうけど、ちょっとしたのが結構大事かなぁと思ったり。

Img_66810
4階のアーカイブルームのフロア。赤がきれい。

兵庫県立美術館まで徒歩で行けるとこで、ミュージアムロード?とか、なんかこれからどんどん広がってくような感じみたいだ。大阪の開発に希望を言うならば、さりげないアートワークのスペースをたくさん取り入れてほしい。若者が自由に表現できるとか、子供が自由に触れて遊べるとか、年配者が安全にくつろげるとか、そして互いに自然と触れ合えるというか、何かそういう空間。

出来れば、出来たら、そこそこ大きな美術館を駅前にドーンと構えてほしい。コンサートホールとか併設で。

お願いします!!

|

« キタの建築 | トップページ | 観た映画メモ27 »

散歩メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キタの建築 | トップページ | 観た映画メモ27 »