« 史記 | トップページ | 新年、新月から »

2013年12月22日 (日)

マシアス・ギリの失脚

いま、読んでる本

Natsuki_ikezawa1

『マシアス・ギリの失脚』池澤 夏樹 著

南洋の島国ナビダード民主共和国。日本とのパイプを背景に大統領に上りつめ、政敵もないマシアス・ギリはすべてを掌中に収めたかにみえた。日本からの慰霊団47人を乗せたバスが忽然と消えるまでは……。善良な島民たちの間でとびかう噂、おしゃべりな亡霊、妖しい高級娼館、巫女の霊力。それらを超える大きな何かが大統領を呑み込む。豊かな物語空間を紡ぎだす傑作長編。谷崎賞受賞。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ストーリーが、多分自分のツボだろうなぁと思って、読み始めた。まだ半分も読んでないが、いいな。割と「オススメ」と聞いて読んでみたいなとソソラレル方が、当たりだったりする。
だから、ススメ方がうまい人と遭遇すると、購入率が高くなる(笑)自分は、超ススメ下手。

まだ読み切っていないけど、他の著書も読みたい。なんで読まんかったんだろう。
自分の本読みの世界観が、まぁ結構狭いからなぁ。

読みたい漫画もあるし、年末年始は忙しいかも!

|

« 史記 | トップページ | 新年、新月から »

本など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 史記 | トップページ | 新年、新月から »