« 雑記 | トップページ | 30周年 »

2013年12月 8日 (日)

ヘルシング

いま、読んでる漫画。

『HELLSING』(ヘルシング)平野耕太 著 全10巻

Hellsing_1

あらすじ wikiより参照

20世紀末、英国では不可解な吸血鬼事件が頻発し、王立国教騎士団・通称「ヘルシング機関」がその対処にあたっていたが、ヘルシング本部が強襲されるなど多大な被害を受ける。一方、犬猿の仲であるヴァチカン及びその直属「イスカリオテ機関」と紆余曲折を経て協力関係を持ち、事件の黒幕が南米に逃れたナチス残党による組織「ミレニアム」だと知る。
ブラジルでの戦闘を経て、「ミレニアム」の正体が先の大戦末期にヘルシング機関が潰した「少佐」と呼ばれる男の部隊であると分かる。少佐は英国王室の会議で宣戦布告を行い、その場にいながら少佐から無視されたイスカリオテ機関は、英国とミレニアムを共に潰そうと画策する。
そして、ミレニアムは1,000人の吸血鬼部隊を率いて再び英国本土を強襲、これに乗じたヴァチカン教皇庁の第九次空中機動十字軍3,000人も加わり、ヘルシング機関を合わせた三つ巴の大戦争が始まる。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
小説もあれこれ読むが、漫画もちょこちょこ読む。

自分の好み?が、たぶん「サイバーパンク」的なものみたいで(最近、なんかこういうのが好きやったんかぁと気付く)映画で言うとブレードランナーみたいな。

ヘルシングは、ちょっと違うかもしれんが、バンパイア出てきてグシャー!みたいな、だけどストーリーがあって、で、結末はどーなん?何が隠されとるん?とグイグイ来る感じ。

漫画は、いいです。小説と何が違うて「映像付き」っつうか。
まだ、読みたい漫画が沢山あって、年末年始でがんばろう(笑)
読みたい本もね、ムッチャあるから困るね^^;

インフェルノ、超読みたいんやが、ハードカバーで買うのが辛い・・
ダンテの「神曲」地獄編がベースとかなんかな。インフェルノて、地獄っつう意味なんか。
シンボルと地獄。

文庫化せーへんかなぁ。

|

« 雑記 | トップページ | 30周年 »

本など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑記 | トップページ | 30周年 »