« 2014年10月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月29日 (日)

渦巻き

なぞなぞを出す人は、渦巻きを描いている!

| | コメント (0)

ティム・バートンを観る。

Img_4338

バル~ン

Img_5365

めっちゃ混んでた・・・


| | コメント (0)

ライブ

3月はライブに2本行った。
the pillowsとThe Charlatans
どちらもバンド歴25年ぐらいのベテランバンド

ピロウズはもう何回もライブに行ってるけど、シャーラタンズは初めてで
聴いたことも無かったのでちょっと予習して行った。
ピロウズは今回と前回のライブは、最新作を聴かずに行って
それでもノレないとか一切ないし、やっぱり楽しい。

10年前ぐらいに行ったピロウズのライブを思い出すと、
メンバーも私もきっちり10も歳を取ってるわけで、
あの頃のスピード感と同じじゃないのは事実だ。絶対。
でも何回聴いてもハイブリッドレインボウはウッとなるし、
リトルバスターズで必死で飛び跳ねる自分が笑えるし。
それは変わらない。変わらんわー。

ギターの真鍋さんもドラムのシンちゃんも、もう50を過ぎてるのに
演奏する姿はほんまにカッコイイ。
いつもよく思うけど、私は女だから「カッコイイオジサン」にはなれない。
でも、憧れちまうー。

シャーラタンズはイベントライブだったのでオープニングアクトのバンドが居て、
DJがあって最後にシャーラタンズだったんだが全編楽しめて
お誘い受けてほんとによかった。こういうのをラッキー!と言うんだろうかな。

25年近くバンドを続けるって、どんな感じなんだろう。
同じ職種でサラリマン勤続25年というのと、何だか同じではないと思うし。

ピロウズのライブに行って、改めて毎回思うことがあるんだが
ベースはサポートの鈴木淳さんで「メンバー」じゃない。
何年経ってもサポートなんである。なんでかは知らないけど。
でも、ピロウズのベース音って自分の中では「淳さんベース」じゃないと、
他じゃダメというか。生で聴くと余計感じる。なので、いつもベース側で聴く。

やっぱライブはいいなー。

しかし今年のサマソニの大阪出演者がツボらなくて、
行くかどうか迷う・・・


| | コメント (0)

2015年3月22日 (日)

肉筆浮世絵-美の競艶

大阪やん!

シカゴウェストンコレクション
肉筆浮世絵-美の競艶
浮世絵師が描いた江戸美人100選

http://weston.exhn.jp/

2015/4/14~6/21 大阪市立美術館

『勝川春章、喜多川歌麿、歌川豊国、葛飾北斎、河鍋暁斎など50人を超える絵師たちによる多彩な作品を通して、江戸初期から明治にいたるまでの肉筆浮世絵の流れを知ることができる、またとない機会です。』

だそうです。日本初公開とあるんですが、そうなの。え、行きます。

大阪→長野→東京という巡回展かな。
ちなみに長野開催は北斎館なのだなぁ。ここ行ってみたいなぁ。

河鍋暁斎は大好きで、河鍋暁斎記念館まで行ったことがある。
かえるのお墓にも行った。
ふと、行ったのいつだっけ?と思ったら2010年だった。
メッチャ前だった。何かよくわからないけどショック・・。

そもそも浮世絵好きになったキッカケといえば20代後半やったか。東京行ったときにレンガの美術館?で観た国芳と暁斎のコラボ展覧会。あれは、もうグワッと胸に来た。猫とか力士とか、たまらん質感で。確かデカイ緞帳みたいなのがあって(多分)なんかこれが「迫力」というモノなんかと思った。以来、若冲や蕭白やら江戸の絵描きに興味を持つようになってしまい。当時の背景とか絵師たちの人生とか色々知ると、本当に面白いしタメになるし。

イチバンはワクワクすること。
絵を前にしてワクワクする、ワタシ鼻の穴が今デカクなってる!と思うあの時間がたまらんこと。

印象深いのは若冲の白い象。
大福みたいな象で、白くてきっと優しい象さんで中味は餡子だったらいいのにと何度も戻ってじっと観た。クジラも居たけど象さんやな。
何を思って若冲は描いたのか、それを想像する自由が観覧する私にはあって、そこがいい。

メモるために、色々検索するとあっちこちで展覧会あるなぁ。

今年は歩くべし。

| | コメント (0)

日本酒つづき

こないだ日本酒の試飲会に行った後、ちょっとコーヒー休憩してから北区太融寺にある「浅野日本酒店」と言う店へ。

扇町通り沿いにあって去年の12月に出来たお店。よく通る道のため、お店が工事中の時から気になっていた。「日本酒の店」ということもあり酒類に弱くなった今の私には気にはなるけど非常に入り辛くて、日本酒好きのトモダチに教えたら「行ってみたい!」と言ってくれた。なのでその日は本当に日本酒三昧となった。

明るい立ち飲み屋さんというか、本当に色んな日本酒が揃っていてアテはどれも日本酒に合うやろなぁと思うものばかり。カウンターへ立つとチェーサーのお水をゴボゴボ注いでくれる。カウンターの下には荷物籠もあるし傘も掛けられるし、洋服掛けも後ろにある。なんか居心地がよい。

私は初心者なので店員さんへ「あまりわからないので、飲みやすい軽い感じのもの」と聞いてみた。3種類紹介してもらって、その中の2種類を飲んだのだけど1杯目に飲んだ種類をアッサリ忘れてしまった・・・。やっぱり気になるコトはすぐメモっとかんとダメや。ここ数年あまり写真を撮って残さないようになってしまったので、こういうときは悔しいぃーと思うんだけど、またそれも良し。

んで、もうまたこれは飲みたいし今度買いに行こうと思ったのが2杯目に飲んだ富久錦さんの「Fu」
http://www.fukunishiki.co.jp/

製品情報に詳しく載ってます!
http://www.fukunishiki.co.jp/products3.html

紹介してもらったときに「ワインみたいな感じで凄く飲みやすいです」と言われたまんま「白ワインのような味やん!これは米なの!?フルーティ過ぎる!」と本当にビックリ。
これ美味しすぎたのでおかわりした^^(最初から大きいサイズで飲めばよかったと・・)

アテにかぶら寿司やしめ鯖、ピクルスにエイヒレなど。
かぶら寿司がメッチャ美味かった!発酵食品は美味い。最高やー。

ここでお腹いっぱい食べるとかは無いので、ええほろ酔いな感じで店を出て
そのまま天神橋筋商店街をブラブラしつつ、うどん食べて帰宅。

試飲会→珈琲休憩→立ち飲み→うどん〆→帰宅風呂就寝
え、オッサンの休日?

相当の量を飲んだはずなんだが、楽しかったのと美味しかったのと合わさりまくって翌日清々しい朝だった。

| | コメント (0)

2015年3月18日 (水)

『No Room In Frame』


http://amass.jp/52689/

「僕たちの内部で起こっていた出来事、そしてここに収録されている楽曲で歌われる歌詞の内容などを考えて、この壊れたものを修繕し、新たな美を生み出していく、というこの言葉が、僕たちにすごく大きく響いたんだ」と、この「金継ぎ」というタイトルをヴォーカリスト/ギタリストのベン・ギバート、そしてドラマーのジェイソン・マックガーに提案した、ベーシストのニック・ハーマーは語る。「哲学的に、精神的に、そして感情的に、ここに収録されている楽曲たちを完璧に言い表している言葉のように感じたんだ」

| | コメント (0)

2015年3月16日 (月)

『ティム・バートンの世界』

http://www.tim-burton.jp/

Timburton_2015

ワクワクo(*^▽^*)oワクワク


| | コメント (0)

2015年3月15日 (日)

日本酒

トモダチに誘われて阪神百貨店で開催していた日本酒の試飲会へ行った。
ここ数年「下戸」となってしまった私は、日本酒ノ試飲ナンテ大丈夫ナンダロウカ・・とちょっとビビって行ったんだが。

なんだー、メッチャ美味しいや~ん!!で、大満喫◎

そもそも、自分の口にどんな日本酒が合うのかよくわかっていなかったので「試飲」という場で結構な数の日本酒を頂き、そうかこういう味が自分に合うんかぁ・・と感動。
いや、ほんと知らなかっただけでね、合うのがあるんだべ。なんだか新たな発見で嬉しかった。

合うなと思ったのは香りは濃いけど、口に入れると爽やかな軽い感じ。(まぁ、初心者だから)
香り濃くは感じないけど、口に入れるとズシッと効くのはダメ。のどに重いのはダメ。

あれこれ飲んでみてお気に入りの味と思ったのが、

青森県 尾崎酒造さんの
「安東水軍 吟醸 神の座(かみのざ)」と「安東水軍 大吟醸」
山形県 米鶴酒造さんの「米鶴 吟醸三十四号仕込み」
香川県 西野金陵さんの「金陵 純米大吟醸 煌」
など。だいたいコメント欄に「フルーティ」の文字があるやつでした。
(まぁ、初心者だから)

日本酒ではないけど熊本県 豊永酒造さんの「豊永の梅酒(くまモンラベル」はすっきり梅酒でこれは夏に炭酸割りで頂きたい!
それと福島県 大七酒造さんの「とろける酒粕 純米大吟醸」は試食したけどチューブ方式なので、これは超便利やんと思った。味も、これは絶対に粕汁作りたいワと思う酒の粕でした。これ出汁に溶き易いやろなぁ。ほしい。

ほんと、飲んでみなくちゃわからんね、そうなのやってみなくちゃわからないの!としみじみした試飲会でございました。

つづく。

| | コメント (0)

『DRONES』

MUSEの新作の公式告知が出た。

2nd~5thまでのアルバムがお気に入り過ぎて、どうしても3年前のセカンド・ロウというアルバムは、あんまり聴き込めなかった。
あげく、来日公演が「さいたまスーパーアリーナ」で、大阪なかったんだべな。確か。
(サマソニは出演したので、観ました。)

今作は、既にトラックから「Psycho」のMVが流れているので聴いてみたんだが、
いいかな、いいかもーーー。よっしゃーー。
(Psychoのギターリフは、おそらくライブ中ジャムってるときに弾いてたリフと同じのはずで、それが1曲に仕上がってるのかな?と思う。めっちゃ好きな音だったので、なお嬉しい)

MUSEの何が好きて、マットの「なぞなぞ」の引き出しが多いから好きだ。
音源に使う単語やインタビュー、あとステージセットとか。

レジスタンスのアルバムを知らなければ、
ジョージ・オーウェルを読む機会が「その時」じゃなかったかもしれない。

すきなバンドからイモヅル的に他の「面白いこと」に辿り着くのが好きで、そういうイモヅルを求めて音楽やら本やら興味が尽きないのかなと思う。

んで、今作の『DRONES』というタイトルも、マットのインタビューが出てた。

http://ro69.jp/news/detail/120307
ミューズの新作『ドローンズ』6月リリース決定。

「俺にとって『ドローンズ』は、頼るものもない精神病的な行動を可能にする、比喩的な意味での精神異常者なんだ。この世界は、俺達全員をドローンズにしたてるためにドローンズを利用するドローンズが動かしている。このアルバムは、人類が希望を失い、自身を放棄して、ヒューマン・ドローンへと人類を追い込むシステムに洗脳され、そして最後にはその圧制者から離反していく、その人類の物語を探求する作品なんだ」

ドローン=無人航空機という意味合いのみしか自分はインプットされてなくて
(あのクジラみたいなカタチの飛行機の印象強すぎ・・)
「ロボットを意味するドローン」と調べたら出て来た。

wikiから
無人航空機を意味する英語"Unmanned Aerial Vehicle"や"Unmanned Air Vehicle"からUAVと呼ばれることが多い。" Unmanned"が男女差別を想起させるため、遠隔操縦するパイロットが地上から操縦しているが機体には乗っていないという点を強調して、「人が居ない」という意味の"uninhabited"で表し、"Uninhabited Aerial(Air)Vehicle"の表記も見かけるがそれほど普及していない。 ロボットを意味する「ドローン」(drone)とも呼ばれる。


『DRONES』
01. Dead Inside / デッド・インサイド
02. [Drill Sergeant] / 【ドリル・サージャント】
03. Psycho / サイコ
04. Mercy / マーシー
05. Reapers / リーパーズ
06. The Handler / ザ・ハンドラー
07. [JFK] / 【JFK】
08. Defector / デフェクター
09. Revolt / リヴォルト
10. Aftermath / アフターマス
11. The Globalist / ザ・グローバリスト
12. Drones / ドローンズ

Musedronescover

なんかブレードランナー、また観たくなってきた。
100円で借りれたら観ようかな。

| | コメント (0)

2015年3月 8日 (日)

展覧会あれこれ2

兵庫県立美術館ギャラリー棟3階
特別展
ガウディ×井上雄彦 -シンクロする創造の源泉-
2015年3月21日(土)~5月24日(日)

http://www.gaudinoue.com/

12年前?13年前?になるのか、スペインのバルセロナへ行った。
初海外だったので、それはそれは物凄いテンション迷走な感じで、
サグラダ・ファミリアのてっぺんに上がって、
一緒に行った友達と、なんだかずっとヒャヒャ笑ってた記憶。
なんかもう笑うしかない!みたいな。

生でみた教会は、ダバダのCMとは違ってカラフルで賑やかで、しかし重みがあり。
うんと前に作成された彫刻群と、ダバダの人たちの近年の彫刻群との色の差を感じたり。
(ダバダ=コーヒーのコマーシャルで彫刻家の外尾悦郎さんが出演していた
というわけで、サグラダ・ファミリア観たら「ダバダ~」が脳内再生される。古いネタだね)

生音もそうだけど、生建築群もやっぱり行くべし。

初めて海外の地を踏んだ、と言えるのは
オランダのスキポール空港になるのだが、
確か「ワッフル」の屋台?みたいなとこで買い食いしたんだが、
「砂糖かけるか?」と言われて「いらない」と返すと、
「!?え、いらんの!?」みたいな顔された。
(これ、もしかしたら違う空港かな、アカン時の流れは無情・・)

もう海外旅行なんて、うんと御無沙汰なんだが
出来ればドイツかスペインで「生サッカー」観戦してみたいもんだ。

展覧会だが、漫画家とのコラボみたいな感じ?だけど、
ガウディの関連資料も多数展示されているみたいなので、
5月までやし、行ってみようかな。。

| | コメント (0)

2015年3月 7日 (土)

『金継ぎ』

Death Cab For Cutieの新作のアルバムタイトルが『金継ぎ』

タイトルの『金継ぎ』は、割れたり欠けたりしてしまった陶磁器の割れ目を金や銀、白銀といった貴金属で継ぐ日本の伝統的な修復方法から採られているという。

http://ro69.jp/news/detail/118536

こういう手法があることを、これで知ったよ!
彼らが、なぜこのタイトルを付けたのか。気になる。

1998年から活動している長いバンドだが、
バンド名ぐらいしか知らなくて、今回あれこれ音源を聴いてみた。

『金継ぎ』はきっと買って聴こうと思っている。
ジャケ買いならぬ、タイトル買いみたいな感じ。

Death Cab For Cutie - "Black Sun"

| | コメント (0)

サンパツ

子供の頃、父親の行く「理髪店」で髪を切ってもらっていたせいか、
「髪を切る」=「散髪」という式になっていて、大人になって美容院に行くようになっても
「サンパツに行って来る」と言ってしまう。

美容師さんに言うと「ええ、カットでいいじゃないですかぁ」と言われる。

で、今日カットしてきたのだが
ここ最近は「白髪染め」もする!!(部分染めだ)

「ええ、カラーでいいじゃないですかぁ」と、言われるのか。どうか。

どうして、白髪の生えたて?は、めっちゃ元気いいんだろうか。

白髪染めると、生え際のそこに白髪があったことを数日間キッパリ忘れてしまう。
この忘れられている時間が、いいよな。いいよーー。

で、ある日また元気のいい生えたてを発見し、コンニャローと思う。。

どうでもよいことを雑記するのも、ちょっとリハビリ。

| | コメント (0)

2015年3月 3日 (火)

展覧会あれこれ

ルーブル美術館展
日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄

国立新美術館
2015/2/21~6/1

http://www.ntv.co.jp/louvre2015/

フェルメールとかティツィアーノとか・・
ちょっと興味アリアリ。
前に、美の巨人(テレビ)で、ティツィアーノの「何か」の絵を解説してたのだが、
それが面白かった。
多分、女性と天使と女性が描かれてて、その絵の謎解きみたいな感じで。

西洋画は苦手なんだが、シンボリックな目で観ると探偵みたいな気分になるな。
どこかで浮世展やらないかな。知らんだけかな。

と、メモりながら「曾我蕭白」を検索してみた。

キタ!キタぁああ!!

サントリー美術館
「生誕三百年 同い年の天才絵師
若冲と蕪村」展 開催
会期:2015年3月18日(水)~5月10日(日)

http://www.suntory.co.jp/news/2014/sma0008.html

Jakuchu_buson2015_2

やっぱ4月に東京行くべかな。
ミッフィーにも会えるべ。

http://www.miffy60-exhibition.jp/
松屋銀座
2015/4/15~5/10
誕生60周年記念「ミッフィー展」

ミッフィーメモ
http://arrowhead.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-a656.html


| | コメント (0)

2015年3月 1日 (日)

ライブハウス

あっという間に3月。
昨日は、2015年初のライブハウスへ。

年々、生音を聴きに行く回数が激減。
昨日は、初めて聴くバンドやったけどやっぱり生音は楽しい。

今朝は、立ちっぱなしだったせいで脹脛イタイ。

(ふくらはぎって変換したら脹脛と書くのを今知った。
脱線するけど、身体にまつわる漢字に「つきへん」が多いんだなぁ。
臓・脳・膝・腿・肝・肺・膵・脾。。。沢山!
人間て、太陽と密接なんやなと思ったりする。なんかこれは大事なことだ!)


ここ数年、遠出をあんまりしていない。
読書量も0か100か・・ぐらい波があって「読みたいなぁ」と思っても
手に取るまで行かないとか。
興味があるのに、動かないみたいなことが多過ぎ。
どーしたこったい!

先日、専門学校時代の友人と10数年ぶりに会って珈琲飲んだ。
当時のことよりも、お互いの近況を話す方が多く
彼女は3人の母となっているので、子育ての話はすごく興味深かった。

会っていない同級生の近況も聞けて、
ああ本当に時間が流れているのだなぁと実感。

今年に入ってから、過去のことを「思い出す」機会が増えた。
昔を忘れていたわけでもないし、ワタシ前しか向いてない!みたいな、
全くそういう妙なプラス思考でも無いのだが。

今月末も数十年ぶりに集まろうかぁという飲み会があったりするので、
非常にこう、なんというかいい意味で
「振り返る強化月間」みたいな感じかしら。

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年4月 »