« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月18日 (土)

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

なにがなんでも観に行くのだっ

12/18

| | コメント (0)

2015年4月 7日 (火)

『007 スペクター』

観たい。

| | コメント (0)

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』

観たい。

| | コメント (0)

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

観たい。

| | コメント (0)

2015年4月 5日 (日)

もう葉桜

Img_2507_2

近所の駅に向かう道沿い。

Img_9381

雨の週末だったから、もう花弁が落ちてしまった。

葉桜も好き。

桜の葉を眺めてると、鼻の奥が「さくらもち」のにおいになる。

フンフン

| | コメント (0)

マトリックス

過去にもメモしてる「マトリックス」ネタ。

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52188858.html
カラパイアの記事にマトリックスネタがあったので、
思い出して本棚から引っ張り出して来た。

Img_1488

『マトリックスの哲学』ウィリアム・アーウィン/編著 
松浦俊輔/訳 小野木明恵/訳
白夜書房 2003年10月出版

全世界を席捲した話題の映画「マトリックス」シリーズ、その裏側に隠されたメッセージを読み解く待望の論考。

目次
1 どうしてわかる?(コンピュータ、洞窟、お告げ―ネオとソクラテス;懐疑論、道徳、『マトリックス』 ほか)

2 砂漠の現実世界(『マトリックス』の形而上学;機械製の幽霊―心の哲学マトリックス風 ほか)

3 倫理と宗教の兎穴(スプーンはないんだ―仏教の鏡;『マトリックス』の宗教と多元主義の問題点 ほか)

4 バーチャルなテーマ(地下生活者の手記―ニヒリズムと『マトリックス』;苦い薬を飲む―実存的な意味での本物の自分(『マトリックス』と『嘔吐』) ほか)

5 『マトリックス』の解体(キアヌを貫いて―新しい穴と陳腐な話;マトリックスとマルクス、そして乾電池の人生 ほか)
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今、調べ直していないからわからないけど4年前に中古で手に入れた本で確か絶版らしい。
マトリックス好きだったので勢いで買ったんだが、この手の本は自分的には
「読み解けなくても身近にあるのが大事」というか。結構そういう本が棚に眠っている。
ある日突然「あ、読める」と思って読む方がスッと馴染むし
「読まないかもしれないからいいか」って思って手に入れなかったとしたら、
あ!読めるって思うこともなく、何だかもったいない気がしてしまう。
でもあんまり今は無い。ご予算も潤沢ではないしなぁ(笑)

マトリックス3部作は本当に大好きでDVDも全部持っているから、まとめて観直したり。
ほんまによーく出来てるなぁと唸ってしまう。
背景にある小道具なんかになぞなぞ入れてたりする。(と、勝手に解釈している)

その、いつぞやにマトリックス・レボリューションを観直した時のメモを読み返す。

『レボリューションの最後に、サティが「朝日」を作るというのがキモなんだと思う。
この朝日はマトリックスとしてのバージョン7での初めての朝日なのだ。
この朝日は「ネオのため」とサティはオラクルに言うが「あさひ」の意味するメッセージは深いと私は思っている。このエンディングを迎えるまでのレボリューションの映像は暗くて重く、ザイオンの中も常に戦闘モードで黒い世界だ。

そして、このエンディングで「虹色のような美しい朝日を迎える」というのが大事なんだ。

ネオとトリニティーがロゴス号でマシンシティへ向かう途中、大量のセンチネルに襲われるがそれから逃れるためロゴス号は雲の上に出る。(雲の上に出ると、EMPは効かないとか)
その時、トリニティーは黒雲の上に広がる太陽光あふれるまぶしい景色に「Beautiful・・」美しいと思わず口にする。
自分としては、この光景も、エンディングにリンクすると思っている。
闇、黒い世界、重い暗い世界のあとに昇るあさひ。ということなんだろう』

9で日が昇る、旭

今は重い暗い世界なんかな

| | コメント (0)

2015年4月 1日 (水)

しろちゃん

しろちゃんたまらん^^

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »