旅メモ

2010年12月26日 (日)

東京11/21 その8

だいぶんメモも空いてしまい、旅してから一か月も経ってしまったけどたぶん最終メモです。

森五郎とおいしいランチを食べた後は、東京来るなら絶対寄らないとアカン場所になっている(笑)「岡本太郎記念館」へ向かいました。年明けに行ってから1年も経ってなかったんやけど、どこで曲がるんやったかな?と・・不安。でも無事到着。その日も、たくさんの来場者が居ました。相変わらず、庭に鎮座している作品たちは毎度楽しそうです。ヤー!ヤー!

Img_48040

Img_47870

Img_47910

Img_47930

この日の展示内容は『 化け文字  ~書家・柿沼康二の挑戦状~ 』というもので、入ってすぐの頭上にはデカイ書がドーンと展示されていました。正直、書道家の方には詳しくなく「柿沼康二」氏がどんな書家なのかわからなかったけど、太郎記念館とコラボするワケですから爆発な人なんだろうなとイメージ・・

帰って来てからですが、この展覧会の柿沼氏のコメントを読むと、やっぱり爆発な人やと(笑)
『小生、「太陽の塔」と同い年、今年40歳を迎えたばかりの若輩者ではございますが、生誕100周年を迎える太郎さんと、太郎さんの聖地・青山にて再び対決させていただくことになりました。』
対決っていいよね。うん。

で、2階の展示の様子を森五郎とグルグル眺めておりました。渡り廊下の奥の部屋には、半紙が山のようにこんもりと積まれており、その上に「太郎」と「敏郎」と書かれたものがありました。自分としては「敏子」ではなくて「敏郎」なのはなんでだろう、太郎と敏子さんで敏郎かい??なんて、いろいろぼんやり思ってたわけですが、その時に一人の小柄なご婦人が私らに声を掛けて来ました。

Img_48010

ダダっとあれこれ聞かれたはずで詳細は忘れてしまいましたが、ともあれ「書家の展覧を目的にきたんか?」みたいな感じだったので、私らは太郎さんのファンで何度もここには訪問してるけど、たまたま今日は書道の展示だったわけですと答えたら、あらそうって感じでしたが、私らが書道に詳しくないというわけで、あれこれ説明をし始めました。ぶっちゃけ、え、イヤ、どうしよう・・って感じでした。

だって、ものすごい勢いなんですわ

で、ご婦人の言うには「今のテレビに出てる書家の○○はダメ!全然うまくない!!だけどテレビで人気が出ちゃったもんだから弟子がいっぱい出来て、金儲けばっかり!!」と、えらく不満をぶち明けはじめ・・・、アハハ・・

で、なんでこのご婦人がこんなに憤慨してるかと言えば、ご婦人も書家なんだそうで、同業としてやはり「テレビ的」になった書家に残念な気持ちを持ってるような、そんな感じでした。

そして先に書いた半紙の山の上に置かれた「太郎」と「敏郎」の文字。

ご婦人は「今のテレビに出てるナンチャラさんとかは、こういう文字を書けないのよ!流儀も何もないわけね!」みたいなことを言うので、私が「その、空海流ですか?」と言うと、「あんた、書道やってんの!?」とガッついて来られ(笑)、私はたまたまこの東京に向かう新幹線の中で夢枕獏の「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を読んでたから「空海の書法」という言葉を知っただけで、それが一体どんなに深いものなのかなんてわかってないわけです。だから、ご婦人のガッつきぶりにちょっと狼狽してしまいました・・アハハ・・

熱いご婦人のトークに、しまいには3人しゃがみ込んで、ご婦人の展覧会用の葉書を見せられ、自分の作品はこんなんだよ、とか、これはこういうイメージで書いたんだ、とかエンエンと説明してくれました(笑)

結局、、、ご婦人は「足が悪いからエレベーターのある改札口まで連れてってほしい」と言うので、青山駅のホームに連絡しているエレベータがあるビルまで3人で向いました。

ご婦人は、大そう喜んでくれてご機嫌さんで地下へ降りてゆきました。ああ、密度の濃い時間でした・・ふー。

森五郎曰く「クリさんが、空海っていうからぁ~」とケラケラ笑うので、自分もまさかあそこで書家の人に話かけられるなんて予想もしてなかったし、さらにまさかの「送ってくれ」コールも予想してなかったし、、と、とりあえずお茶でも飲みに行こう・・と表参道へ。

しかし、まぁ休日の表参道で、かつカフェタイムな時間ということもあり、どこもかしこも満員御礼。あっちこち歩いて、なんとか空いてるカフェを見つけ、珈琲飲みつつダラダラと。

ふと、新幹線で夢枕獏を読んでなかったら、あの書画が「空海流」だとは気付かなかったし、あのご婦人がなんでテレビ的な書家さんに不満を持っているかという、ほんとの不満の部分を理解出来なかっただろうから、なんちゅうタイムリーやったんやろうと。いま思い返しても、不思議なメグリ合わせやった感じがしますな。

Img_47960

で、太郎は密教については非常に深く潜った人で、纏わる場所へはたくさん訪問しておりエッセーもいろいろと残されてます。太郎の描いた「太郎の文字」も空海流を彷彿させる書体のものがあるわけで、そうなんですよ、やっと私も少しですが、その持つ力みたいな、太郎の伝言みたいな、そういうものがやっと今頃感じて来た次第です。

太郎のことを好きになって、結構経ちますが、瞬間「あ!」と思うことがポツポツ出て来たかなと。太郎は、現代の謎ナゾを仕込んだ呪術師やったかもしれん、などとそんな風に思ったりします。やっぱり、あの日、あの時間、あの瞬間に森五郎と記念館に行かなくちゃいけなかったんだろうなぁと、今もしみじみ思います。

で、私はゴッホの展覧会を観に、森五郎は娘チャンが待っているのでご帰宅です。私の「趣味」にいつも付き合ってくれておおきに。大大大感謝。あ、最終メモのつもりだったけど、もうちょい続くかも(笑)

※ちなみに空海の書法は「大師流」と呼ぶそうで、有名な作品では「風信帖」「灌頂記」「三十条策子」があります。「風信帖」というのは、ライバルの最澄にあてた手紙で書き出しの「風」という文字が「龍爪書」という形になっていて、これが暗号と言われているそうです。龍は風を呼び、風は雲を呼ぶ、最澄に対して「今から私は風雲を呼びますよ」と予告しているとか。で、この件を読んでいたので、記念館に展示されてた「太郎」の文字の太が「龍爪書」になっているなと思ったわけです。そうじゃなきゃ、想像つかないです。ご婦人と話が出来て、よかったなぁと。

Img_48090


| | コメント (0)

2010年12月11日 (土)

東京11/21 その7

さて、東京二日目は関東に引っ越した森五郎とデートです(笑)
待ち合わせは、表参道ヒルズのツリー前。なんだかもうほんとにデートです(爆)

Img_47700

表参道ヒルズは、安藤忠雄氏が手掛けてますが、そこかしこが忠雄風味満載ですねん。安藤建築は、コンクリ打ちっ放しが有名ですがコンセントや取付機器類は、飛び出てないのです。面イチで納めるのが基本みたいですね。あと、点検口は一般的には45センチ□とかですけど、安藤建築は丸型が多い。そういうのを気にしてると、あらこんなとこも!?なんて発見があって建築散歩は楽しいでございます。
表参道ヒルズも、ちょっと裏手に行けば住宅街なんですね・・。とはいえ、高いお家賃、高い土地代でしょうが・・

Img_47710

で、森五郎とランチです。下調べで「お茶専門店」みたいなカフェのランチがとってもヘルスイーな感じだったので、行ってみることにしました。「表参道 茶茶の間」と言うところです。

http://www.chachanoma.com/

Img_47790

店内はこじんまりしてて明るくていいです。私は「茶茶の間十菜汁セット 完全ベジタブル 1,260 円」で、森五郎は「茶茶の間十菜汁セット 1,260 円」を注文。

イメージでは、お味噌汁に御飯にちょこっとおかずだから、ちょっと足らないからな?なんて思ってました・・が!

Img_47730

Img_47760

この十菜汁・・・・めっちゃ噛むんですよ。とにかくモグモグ噛んでしまう具材たち万歳!なのですだからなのか、しばらくしたらおなかがポンポンになってくるんですよ・・。いやー、噛むってすげー。お茶も美味かったですね。アツアツじゃないので香りがいいのです。家でお茶入れると、沸かしたての熱湯を注いでしまうので、風味を味わうより前に「ふーふー」しすぎてしまうのかもですね(笑)

とにかく、ここはリピートしたい味でした

表参道はメリメリクリスマス仕様になってて、街路樹も配線でぐるぐるでした。とはいえ、夜のライティング見ちゃうと、ああキレイだなとか思ってしまうんだから、勝手ですな・・

Img_47800

おなかいっぱいになって、トコトコと「岡本太郎記念館」へ向かいます。腹ごなし腹ごなし、、、つか近いんですけどな。ナハハ。

Img_47830

森五郎と、歯が生えてるぜ!歯だね、こりゃ歯だぜー!とか言いながら通り過ぎました。
新しいビルヂングが結構あって、来るたんび違う景色な気がします・・

まだまだつづく。

| | コメント (2)

東京11/20 その6

まだまだダラダラつづきます。。
神田明神の近くに湯島聖堂があったんですね。いやはや地理がわかってませんでした・・。ほんまは、湯島聖堂行ってから神田明神に行ったので、メモが前後します。で、ワタクシ・・この湯島聖堂のことは全然理解出来てませんでして、儒学の塾といえばいいのかな?詳しくは公式サイトをどうぞ↓(笑)
http://www.seido.or.jp/index.html

Img_47140

大成殿という建物は200円払えば、中まで入れて撮影もOKです。なので、200円払って入ってみました。中央には孔子像がありまして、しかしなんだかここ落ち着きません・・。受付に孔子関連のグッズや書籍が置いてあって、うっかり「孔子ものがたり」を買ってしまいそうでした(笑)

Img_47090

Img_47100

私が立ち寄った時は、ガランとしてましたが帰ろうとしたときは、なんだか人が増えてました。むかし昔は、たくさんここに人が集ってたんでしょうね~。目の前にはビル群があって、不思議な光景です。

Img_47150

日が暮れてから、メリメリクリスマス仕様の六本木ヒルズと東京タワーへ行きました。まー、それはそれはスゴイ人ですなー!でも、夜の街並みはやんわりした街灯がきれいで、結構な距離を歩いたけど景色が目新しくて楽しい道のりでした。何年か前に東京タワーへ上って、そこから六本木界隈を眺めたとき、ヒルズのビルが異様にデカく感じて「これぞお金と欲のシンボルなのかな」なんて思ったなぁと。


Img_47390

Img_47480

Img_47560

Img_47630_2

Img_47540


| | コメント (2)

2010年12月 4日 (土)

東京11/20 その5

上野から秋葉原の電気街へ移動。
秋葉原・・・、ああ、秋葉原だぁー!と、外国人の観光客が多いのは、大阪でいう日本橋と同じ感覚です。あと、いわゆる「オタク」さんと呼ばれるスタイルの人がやっぱり多いなと。リュックしょってて、その手の店の前で固まってはりました。おおお、この方々か!?と。ちなみにAKB48劇場が入っているドンキホーテ?ですか、そこの前も通って「おお、ここかー」などとチラ見だけ。でも、ここじゃない別のビルの1階オープンスペースでミニコンサートみたいなんしてました。「あのノリ」を生で見ました!

すごいです、すごいぜ秋葉原っ。

で、秋葉原に何しにきたかといえば「タロットカード」を買いに来たのでした。電気街のとある雑居ビルの中に「魔術堂」さんというコーナーがありまして、そこにタロットカードやら魔法関係の書籍やら少しだけですけど置いてあるのでした。ほんまに小さい店の角っこにチョコっと置いてるだけなんですけど、現物を眺めれるので絶対に行きたかったのでしたっ。

で、パーツ部品が所狭しと並べてある一角で、オバサンはタロット選びに必至でした(笑)なんせ通路が狭いので、人が来たら身をかわし、また棚を眺め、人が来たら身をかわし・・の繰り返しで、ようやくカラー刷のタロットを選んで購入。ワーイワーイと店を後にし、ここから神田明神と湯島聖堂が歩いて行けそうなので、また歩き出しました。サヨナラ秋葉原・・、あまりの人の多さにカメラのシャッターも切り忘れました。ナハハ・・。

で、神田明神です。ここは「神田神社」が正しいそうですが、大阪の私でも「明神」の方がしっくりくるなぁと感じます。江戸の総鎮守だそうです。ほへー、、、大黒さん?を眺めてると女の子二人組から「写真撮ってください」とお願いされ、大黒さんの前でパシャリ。いわゆるギャル系な子たちでしたけど、観光かしら・・?そんな御足をほっぽり出して、寒くね?と心配する栗オバサン、、良い旅をーー。なんてな。

Img_47250

あ、大黒様は縁結びの神さまだそうですわ。大己貴命(おおなむちのみこと)
http://www.kandamyoujin.or.jp/profile/jintoku.html#saijin

そして、その横には少彦名命(すくなひこなのみこと)が居ました。なんか波乗りしてるみたいでした。

Img_47220


Img_47240


Img_47340

それにしても「鳥」が多いんですよ。HPなど見てみましたが詳しいことはわからんかったです。でも、金色の鳥さん、かわいいです。神紋は流水巴というそうです。矢印のとこにも鳥がおります(笑)

Img_47300


Img_47310


| | コメント (2)

2010年11月30日 (火)

東京11/20 その4

だらだら東京メモつづきます

上野から谷中まで歩いて、暁斎のお墓があるという瑞輪寺へ。ここあたりはお寺ばっかりなんやね。と、キョロキョロしながら歩いてたら巨大サボテンドーン!育ち過ぎ~?なんて、思いつつパシャリ。

Img_46810

Img_46800
↑このカオの鬼がわらごんざえもんは、よく見かける気がするにゃー?
なんか流派?とかあるんかな。。

東京という街は少し外れると普通に住宅街だけど、オモテに出れば買い物天国食べ物天国であふれてて、大阪もそうかもしれないけど山手線のひとつひとつの駅が大阪でいうところの「全部が梅田」って気がする。大阪の環状線は、そんなことないと思うな。

で、瑞輪寺にやってきたのはいいけれど、ほんとに「寺の墓地」で・・
「暁斎のかえるちゃんのお墓・・どこかわからん」・・まぁ聞けばよいのだ
お寺の社務所へ。中には、おぼんさんが数人おられ、おそるおそる「すいません、こちらに河鍋暁斎のお墓があると聞いたんですけど、場所がわからなくて」と印刷してきた蛙の墓石の写真をみせた。

一人のおぼんさんが「ああ、ありますよ。案内しましょうか。」と快くスタスタを墓地内を案内してくれた。かなり奥にあって、こりゃ聞かなきゃいつ見つけられるかわからんぞ、と思うような位置にあった。

「こちらですよ」と言って、ササと立ち去った。

線香も御花も用意してなかったけど、手を合わせながら「さっき美術館行ってきたんですよ、楽しかったですー」などブツブツしゃべり、かえるちゃんをマジマジと眺め「あなたが生きた幕末から明治はどんなでしたか?もしかしたら、今も再び幕末みたいな感じかもです」とかしゃべる。すいません写真撮らせて頂きますと断って2枚ほどパシャリ。

Img_46870

蛙の暁斎、猫の国芳。なんだかもうたまらんぐらい、どちらも大好きである。
そもそも暁斎と国芳のコラボ展覧会をたまたま観たのがキッカケだったんだ。

作品が好きなのはもちろんだけど、どうも彼らはいわゆる「アウトサイダー」だったんだろうなと思う。
そこがまた好きだ。

暁斎の明治時代の作品は、色合いが非常に「明治」だなぁと感じる。浮世絵で使う色の材料は時代と共に変わったと思うが、とにかく「赤」が違う。言葉にすれば明治はドギツイというか。

浮世絵を集めている方に、実際手に取って見せてもらったことがあるが、あの時はじめて江戸の頃と明治の作品の違いを「実感」したなぁと思う。触れてみないとわからん感覚を実体験した気がした。

何が?と言えば、知識がないので具体的なことはわからんのだけど、とにかく色の発色は全然違う。

それだけピックアップ(色の違いを)しても、江戸から明治の転換点を感じる。

今も転換点なのかもしれへんが。

| | コメント (2)

2010年11月29日 (月)

東京11/20 その3

Img_46670


Img_46680

暁斎の美術館からの帰り道。
ほんとに静かな住宅街で、桜並木がずらーっとあった。
ここ、ほんと春になったら超満員の花見客だろうなぁと。。

とりあえず上野まで戻りました。

Img_46710

東京文化会館はついつい写真を撮ってしまいます。
なんかこのコンクリートが好きです。

Img_46720

Img_46900

上野の交番。

暁斎のお墓が谷中にあるというので、上野からトコトコ歩いて行きました。
途中でカバヤ珈琲というカフェで遅めのランチです。
http://kayaba-coffee.com/

Img_46780
ランチタイムぎりぎりで(14:00まで)、タマゴトーストセットを。
珈琲と、サラダ・スープ付きで900円やったかな。

1階が満席で2階の座敷に案内されました。
本棚があって、そこには、おおおお!!太郎も横尾さんもありました。ムフフ。
太郎の本は、ちょっとパラパラさせてもらいました

Img_46770


| | コメント (5)

2010年11月25日 (木)

東京11/20 その2

Img_46640

河鍋暁斎記念美術館へ

Img_46600

中庭です、かえるちゃんが居ます。暁斎が好きなかえるちゃん。

Img_46610 ゲロゲーロ♪

美術館は、JR京浜東北線の西川口駅から徒歩20分ぐらいのとこにある。初めての道、初めてみる景色のせいか、すごく遠く感じたー。ほんと住宅街の中に、ん?ここかな?っていう佇まい。

館内は私だけだったんだが、訪問者が来るごとに、展示物にかけてあるカーテンを開けるというパターンのようで、第一・第二・第三展示室と順番に廻るんだが、案内の方が順次カーテンを開けていくのが申し訳ない感じであった・・

飾られてはいないけれど、かなりの量の作品があるらしい。この美術館は暁斎の曾孫にあたる方が住居を改装して、展示室にしているので、確かに住居というようなしつらえだ。スペース的に限られているので、展示は時期的にいろいろと変わるようだ。

私が居る間は誰も来なかったけれど、普段は海外の方や、学生さんなどたくさん来訪されているとのことだった。私も大阪から来たと告げると、遠いところから有難うございますと非常に嬉しそうでした。

わたしもうれしー!!

ダラダラとつづく。

| | コメント (2)

2010年11月23日 (火)

東京11/20

東京着いて、ホテルに荷物を預けてから出動。
JRに乗りたいから、銀座から有楽町まで歩く。

で、まいど~!という感じで、そこ居ました(笑)

Img_46580

馴染んでる感じで、ええなー。

Img_46570


ぼちぼちとメモします。。

| | コメント (2)

2010年11月22日 (月)

車窓、富士さん

富士山を見たいので窓際で指定席とっただよ。
でも、朝早いのでうたた寝しまくりだっただよ。

ん!!!ふじさん???

Img_46500

ちがーう!!ハッと目覚めた瞬間だったので、なぜか間違う・・
全然ちがうぞ。しっかり!!


Img_46510

んあー!!ここ、いま、ふじさーーーん!!

Img_46520

あ・・

Img_46530

ガッツリ電線が・・

Img_46540

また、電線がっ・・

Img_46560

満足。(笑)


| | コメント (4)

本の買い出し

東京から戻る。あー、重かった、あー、もうー血とまるかと思うぐらい、重かった―

買った本メモ。

河鍋暁斎記念美術館で過去の展覧会などで売られてた図録など、どばーっと置いてあったので、カンで2冊購入。書道関連を偶然買ってたのには、びっくり。翌日の出来事につながってたのだ。

『酔うて候―河鍋暁斎と幕末明治の書画会』
成田山書道美術館 財団法人河鍋暁斎記念美術館 編

『仕掛けの絵師―鬼才 河鍋暁斎』没後120年記念
佐野美術館

大入り満員のゴッホ展にて図録購入。一枚をじーっと観るのがなかなか出来ない状況なので、図録は高いし重いけど有難い・・。
『没後120年 ゴッホ展』図録

岡本太郎記念館で、まだ持ってないのを発見。
『迷宮の人生』岡本太郎 著

たまたま観たテレビで取り上げられていた熊田千佳慕。釘づけになって、ホテルのメモ用紙に熊田氏の言葉を走り書きするほど心を動かされてしまった。こんなビジネスホテルの一室で、朝からテレビ観ながら泣いている感受性ぶっちぎり私。メモ紙片手に三省堂書店を徘徊。

『くまだちかぼのクマチカ昆虫記』熊田千佳慕 著
『ファーブル昆虫記の虫たち 5』熊田千佳慕 絵と文

文学、思想、哲学、歴史などの古書専門店で発見。1979年発行の本。半額やったので購入。750円
『密教の神々 その文化史的考察』佐藤 任 著

岩波とみすず書房の古書を扱ってる店で3冊で1100円だったもんで、迷ったけど手元にないといつまでも読まないので買ってみた。
『罪と罰 上・中・下』
ドフトエフスキー作 江川卓 訳

美術カタログなどの専門店で発見。若冲や国芳もズラッと置いてあって、ブツブツ言いながらあれこれ引っ張り出してたら店員に「袋開けて見てもかまいませんよ」と言われた。恥ずかしかった・・。さんざん悩んで蕭白を買った。
『特別展覧会 曾我蕭白 無頼という愉悦』
京都国立博物館


旅行鞄も、サブバックも本の重みで担ぐのに必死。。
なんで毎回こう、本の買い出しになってしまうんだろう・・
大阪でも買えるものもあるというのに、まったくだー。

予想外の熊田千佳慕関連。自分で勝手にこじつけるけど、東京ステイ3日の間、

結局キーワードはひとつやったなぁと思った。

ああ、疲れたー。
しばらく本は絶対買わない。買い過ぎた、たぶん。

| | コメント (2)