散歩メモ

2013年5月 6日 (月)

グランフロント大阪

母ちゃんが「話のネタ」にグランフロントへいきたい、と言うので行ってきたのだ。

団地はいつもの鯉のぼり~

Img_79520

天気良すぎ~

続きを読む "グランフロント大阪"

| | コメント (0)

2013年1月 5日 (土)

横尾忠則

昨日、横尾忠則現代美術館へ行ってきた。
http://www.ytmoca.jp/

昨年11月にオープンしてから、是非行ってみたかった美術館で、年明け一発目の美術館詣でには最高の場所やったかも。この場所はもともと原田の森ギャラリーの西館で改修工事の際に、横尾忠則氏からの作品・資料の寄贈・寄託について基本的に合意されて(2011年)開館に至ったみたいだ。設計は村野藤吾(もとものとの)。

村野藤吾といば・・、自分の知ってる建築物ってなんだ?と考えてみる。ミナミにあった「新歌舞伎座」!!もう無いんだな。キタでは梅田の換気塔。昔むかしは、なんだあれ?ぐらいの存在にしか思ってなかったけど、建築の歴史とか色々興味持ち始めた大人の頃からは、なんかあれを意識して観るようになった。多分、キタがこれからもどんどん開発されて行ったとしても、あの「換気塔」はあのカタチのまま残存していく気がする。未来的にも見えるし、懐古的にも見える。なんだろう。不思議な造形やなぁ。

阪神百貨店が2014年以降に建て替えに入るようだが、北ヤードがもうすぐ開かれて、まだまだキタの開発は終わらないし、今後どのような景色になるのかやっぱり興味がある。漠然とだが、大阪は東京と違う。何か違う。当たり前?かもだが、違う。なんか妙なカタチの建築物多いし。(大阪ドームとか、ヴァッサーの建築だけど焼却場とか奇妙奇天烈だよな・・、大阪ならではって思うわけです)で、ここ数十年の大阪、どうなるかな。結構ワクワクしてるかも。
阪神さんの建て替えの話だが、10年近く先みたい?だけど、ひぇええもしかしたらワタクシ50代頃の話でつか。こばい

で、横尾さんです。(笑)

Img_66990

入口。あんまり写真撮らんかったです。


続きを読む "横尾忠則"

| | コメント (0)

2012年10月21日 (日)

万博ピクニック

昨日は、友達と久々に万博記念公園へ~
ご無沙汰の太陽の塔。やっぱ青空が似合うなぁ。

Img_59110


続きを読む "万博ピクニック"

| | コメント (2)

2012年10月20日 (土)

ピクニック

ひさびさに、タロさんに会いに行くぞーーー^^

あと、こちらも
http://arrowhead.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-3257.html

Dscn405711

| | コメント (0)

2012年10月14日 (日)

ヴァイオリンと魚、飛ぶ人

昨日、シャガール観て来た。

『シャガール展2012 ー愛の物語ー』
京都文化博物館 2012年10月3日(水)~11月25日(日)
http://www.bunpaku.or.jp/exhi_chagall.htm

http://arrowhead.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-77aa.html

Img_5905

ほどよく空いてて、見やすくてよかった。自分の中で、シャガールの絵は「飛んでる人がいる」というイメージだったんだが、ほんまにいっぱい人が飛んでる絵があって興味深かった。シャガールがロシア生まれなのは知らなかった。絵の中に、たくさんヴァイオリンが出てくるなぁと思ってたんだが、ヴァイオリンがよく描かれているのは「シャガールにとってユダヤ人の音楽を表現するのに最もふさわしい図像なのである。」と。
シャガールはロシア系ユダヤ人なのだが、絵の中にそういう「記号的」なものを描くことは当時の歴史的な出来事と、めっちゃ深く繋がりあってるんだろうなぁと。胸の中にある思うことを、そうたやすく口にすることは出来ないだろう時代というか、うまく文章に出来ないけど当時の絵画たちが、何だか今でも人々を魅了するひとつの理由なのかなと思ったりする。

ロシア語では嬉しさのあまり「飛ぶ」ことや「七番目の空にいる」(天にも昇る心地、有頂天の意」という慣用句があるそうだ。シャガールの絵をみて、飛んでる人多いなぁと思わんかったら、こんな慣用句があるとか知らんかったわけで、別に知らんでもいいことだろうけど、自分の中では非常に意味のある、小ネタに遭遇なんである。

本当に、色んな面でゲイジツ観賞は、ぐっと来るんである。
特に、なんら生活に変化があるわけじゃないが、左の心臓の奥の方がざわっとする感覚、そういうのがたくさんある方がなんだか色々と強いかなと思う。

あと、魚があちこち出てくるんだけどな。絵の中の魚見るとキリストって思ってしまう。

Img_5899

ザクロかなぁ。
だいたいザクロ見たら、友達と「ザクロってニンゲンの味とか、血の味とか、そういう風に言われてたりするよね」とかいうニュアンスを口にするが、なんだろうね、不思議や。


| | コメント (0)

2012年9月 9日 (日)

大出雲展、芋ようかん、正宗。

終了間際の『大出雲展』へ行ってきた。

http://arrowhead.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-2aa9.html

Img_57790


続きを読む "大出雲展、芋ようかん、正宗。"

| | コメント (0)

2012年9月 3日 (月)

淡路の純喫茶

ゴリモンさんのブログで、東淡路商店街の喫茶店が取り上げられている!!びっくり!
つか、地元ネタが載るとは、超びっくり!!(笑)

『再開発のすすむ淡路駅東!の純喫茶』

実は、ワタクシはこちらに載っている「アメリカン」も「ダイヤモンド」も入った記憶がありません^^;
淡路で喫茶店で割と入るのは、淡路商店街にある「喫茶はら」
(なぜか、淡路商店街のHPに載ってないのだなぁ。あるむの山とか載ってるのに・・)

喫茶はらの珈琲は結構好みで、入った時はいつもホット。ここに入るのは、必ず母ちゃんと一緒の時だけ(笑)店内は、常連さんのオッチャン、オバチャンがほとんど。冬になると囲炉裏に火が入ってて、そこもテーブル席になってるんである。なんか、結構落ち着く。ちなみに喫煙です。

それにしても、淡路駅界隈は絶賛工事中。いつになったら完成するかなぁ。私がお婆ちゃんになっても、まだ終わらない気がするーーー;;(私が子供の頃から「再開発」って言われてたところだからね)

| | コメント (2)

2012年6月 2日 (土)

鞍馬寺

先月のお散歩ネタですが、母の日にハハ、姉、私で鞍馬へ行ってきましたー

Img_55730
天狗さんがお出迎え。

Img_55760

続きを読む "鞍馬寺"

| | コメント (0)

2012年2月27日 (月)

ノリタケの森

名古屋市美術館の帰りに「ノリタケの森」というとこに行ってみた。
http://www.noritake.co.jp/mori/

美術館は、地下鉄の伏見という駅で降りたんだけど、名古屋駅まで歩けそうだったので、テクテクと名古屋駅まで戻った。で、このノリタケの森は、JR名古屋駅から徒歩で行けるみたいだったので、おし!とまた歩き出した・・。

テクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテク・・・・

初めて行くところは、先がわからんのでね、遠く感じたです・・。ウヘー。
うーんと、ちょっと歩きツカレタ

Img_55240
ソーラーパネル乗ってた。

赤レンガの建物がありまして、中はめっちゃ広い。
Img_55230

ふと、わたしの数年後、あんな感じなのかぁ・・・?とか(笑)
Img_55250

おばさまグループ旅を駅でも、美術館でも、あちこちで見かけた。みなさん元気モリモリで、スゲーなぁと思いつつ、私って案外体力ないよなぁ・・と。すぐヘタれるし

駅前のグリッとひねったビル
Img_55270

すごい近くで観察したかったのだが、このビルは学校?やったかな?が入ってるので、ワラワラと若者がたくさん居て、なんでかちょっとビビって・・キモの小さい私は遠目でしか観察できず・・ナハハ。

紹介サイトなど↓
http://www.eonet.ne.jp/~building-pc/nagoya/na-170mitusui.htm

ちなみにwikiに出てたのだが、このスパイラルタワーのガラス面は、すべてサイズが違うそうだ。これは、施工図見てみたいわぁ。すべてサイズが違うということは、縦方向の枠(というのか)が全て少しづつ下の階に向かって広がっていくので、窓上と窓下の長さが違う平行四辺形な台形・・とういうか・・。言葉にするのがムズカシイ^^;
地上170mということで、梅田のスカイビルが173mだから、どっこいどっこいぐらい。現地に居ると、大阪駅前ほどギュッとひしめき合ってないせいか、なんだかアッサリした佇まい。形は奇妙だけどね。で、ニョッキリした感じも全然ない。

ともあれ、名古屋駅は新大阪駅よりも賑やかでした・・


| | コメント (0)

2012年2月26日 (日)

ベン・シャーンに会いに

名古屋市美術館へ、ベン・シャーンに会いに。

Img_55020

Img_55040

美術館の横には科学館。
Img_55130

白川公園の敷地内にあるというか、とても広くて、子供らがいっぱいいて、いいとこだった。

図録は、読み応えあり。和田誠さんのインタビューなど盛りだくさん。
Img_55260

とりあえず。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧